foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

授乳枕でまんまるねんねを試す

最近、気付けば『赤ちゃん よく眠る方法』などで検索しています。

以前よりは寝てくれるようになったけど、やっぱりまだまだ寝不足です。

一昨日、昨日は昼間一日中ぐずぐず…

起きてて機嫌のいい時間は全く無し。

揺らして泣き止んでも座って揺らすのを止めるとすぐ起きちゃうので、一日中バランスボールの上でゆらゆらしてました。

これで太股痩せないかな(笑)

さすがにこうもずっとぐずぐずされると焦りと苛立ちとため息が…

寝顔見ると可愛いんですけどね。

昨夜最近の疲れがドッと来て、ぷっちんにイラッとしてしまった自己嫌悪もありかなりどんよりした気持ちでした。

帰宅した夫にその事を話すと

「大丈夫、俺なんて泣き止まない時は毎回イラッとしてるから(^∀^)」

毎回イラッとしてたんかい(笑)

常に「かわいいかわいい」言ってるからてっきり苛ついた事なんてないと思ってたよ(゜゜)

少しイラッとしてしまったくらいで自己嫌悪に陥ってた自分がバカらしくなりました。

ありがとう夫よ。

今日はぐずる息子を抱きながら、ネットで見付けた『授乳クッションを使ってまんまるねんねのやり方』をご紹介します。

『まんまるねんね』

まんまるねんねは、赤ちゃんが子宮の中にいた時の姿勢となるべく近い環境を作ること。

それによって安心してよく眠り夜泣きの回数が少なくなったり寝付きがよくなります。

赤ちゃんの背骨はCの字を描いているので、立って歩くようになるまではCの字を保ってあげることが理想的です。

まんまるにすることで向き癖が少なく、頭の形もキレイになります。

また、手先が器用で運動神経が良くなるという効果があるとも言われています。

らしいです。

やり方は簡単。

1、授乳クッションと小さいクッション(座布団やバスタオルを折ったものでも)でくぼみを作る

2、上にタオルを一枚敷く

3、くぼみのところに背中がくるように寝かせる

(↑この後もう少し下に、くぼみに背中がくるようにずらしました)

これで終わりです。簡単

実際試してみたところ、ぷっちんの場合はまんまるねんねで寝かせたからといって特別長く寝てくれた訳ではありませんでした。

ただ、背中スイッチは確かに入りにくい です。

平らなベッドに寝かせると急にいきんだり伸びたりして起きてしまっていた息子も、この体勢だと起きずにそのまま寝てくれました。

あとはゲップが出なくていきんでる時も、平らなベッドよりこの体勢の方が苦しくなさそうです。

すやすや。

背中スイッチが入らず寝てくれるだけで助かるので、しばらくまんまるねんねを試してみようと思います。

まんまるねんねだと長く寝てくれる子も多いようなので、一度試してみる価値はあるかと思います。

続けてるうちに長く寝てくれるようになったらいいな。今後に期待。

昨日は昼間のぐずぐずが酷く、抱いていない時はずっと泣いている息子。

でも夕飯も作らなきゃいけないし洗濯物も干さなきゃいけない…

仕方なく左手で抱いて片手で出来ること抱きながらやり、どうしても出来ないことは泣いてても放置。

なんとか抱きながら(両手で)家事が出来ないものかとネット検索。

調べてみるとスリングが良さそうなので購入することにしました。

ただ、やはりスリングも赤ちゃんによって合う合わないがあるらしく、合わない子は全く使えないそうな…

少しリスキーですが、今の状況から解放されたいのでとりあえず今日購入してみることにしました。

もし使えなかったら友人にあげよう(´・ω・`)

スリングの記事は届いたら更新します。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村