foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

保健師訪問。進む息子と戻す親。

そういえば8月の半ばに保健師訪問がありました。

ハガキ送るの忘れててかなり遅くなってしまったけど、久しぶりに体重測ってもらえるのですごく楽しみでした。

年配の保健師さんが来て雑談もそこそこに、早速体重測定へ。

服を脱がせてオムツだけにしてくださいねーと言われたので脱がしていると、隣で保健師さんが何やらゴソゴソとゴツい道具を取り出していました。

え、体重測るんじゃないの?と思っている私をよそに、せっせと道具を組み立てている保健師さん。

そして完成した、見たこともないゴツい道具。

例えるなら江戸時代の人が持ってるようなこれの↓

これの片方バージョンて感じの道具でした。

どうやら秤らしく、布部分にぷっちんを乗せて保健師さんが持ち上げて私が目盛りを読むらしい。

乗せるのも大変だし、目盛りも安定しないし、目盛り自体100g単位だし、っていうかそもそもおしっこしてるからオムツの重さもあるし…

(おしっこしてるオムツって結構重いですよね)

オムツ変えてからの方がいいですか?と聞くと「大丈夫大丈夫、そんなに変わらないから」と。

おいおい、

ずいぶんザックリだな。

なのでそのまま測って目盛りを読みましたが、300gと400gの間でゆーらゆら。

それを伝えると「うん、400gで大丈夫ね☆」と、保健師さん。

ほんとにザックリだなおい。

おしっこ済みオムツの重さ+ザックリ目盛りで読んだ結果、8月14日の時点で5400gあるということでした。

体重測るのすごく楽しみにしていたので、ザックリな結果でちょっと残念でしたが…仕方ない。

組み立てるのも目盛り読むのも大変だし、何故あんな原始的な体重計なんだ( ´_ゝ`)

最近重いなーと思っていたら、もう6kg近くあるんですね。

そりゃ重いわけだ。

そんなぷっちんですが、ベッドで寝かせているとめちゃくちゃ動くようになりました。

以前からよく足動かすなーと思っていたのですが、少し目を離すとこんな体勢になってます。

背中大丈夫?

うちのベビーベッドはミニサイズなので、ちょっとトイレに行く程度でも柵をしてないと危険です。

当たり前?

最近ではこれに加え、上に進むという技をマスターしたらしく、泣いている時は90%の確率で進んでます。

そしてこうなる。

しかも一歩一歩?が大きい。

この間見てたら5回足を動かしただけで上までたどり着いてました。

そしてこれを泣く度にやる!

何度戻しても気付くと進んでる!

戻しても戻しても進む!

ひたすら進み続けるぷっちんを私が戻し続けるというのを1日に何度も何度も繰り返しております。

そんなに頭擦ってたらハゲちゃうよ。

もともと薄毛ちゃんなのに( ´△`)

初めてこうなった時に上の柵に頭をぶつけてギャン泣きしてたので、応急措置として上とよく行く右側の柵にタオル巻き付けてます。

だ、ダサ過ぎる…( ´ゝ`)

許せないくらいダサいので、可愛いバスタオルでも買おうかな。

家が狭いからミニベッドにしたけど、思ってたより早く使えなくなりそうです。

我が家は今までシングルベッドに二人で寝てた(笑)ので、これを機に3人で寝れるようにダブルベッドを買うことにしました。

本当は 近々実家のマンションに引っ越す(実母が出て私達が入る )予定だったので、ベッドも引っ越してからでいいかなーと思い買わなかったのですが、その話が白紙になりました( ´ゝ`)

私達はそのマンションに永住するつもりだったのに、実母&離婚した実父と私とのゴタゴタ?で無しになり…

この話は相当愚痴になるので気が向いたらまた書きます( ´ゝ`)

まだ何を買うかは決めてないけど、年内には買わねば。

それにしてもこの上に進むというのはいつまで続くのだろうか…

他の子もやるのかな?

柵に頭ぶつけるのだけなんとかならないかなー(´・_・`)

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村