読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

RSウイルスその後

昨日はRSウイルスの経過を見てもらうために朝から小児科へ行ってきました。

先生からは入院するような悪化は防げたとのお言葉が!!!よかった!!!

ひとまず入院の心配はなさそうです。

強い薬飲んだ甲斐があったね(;⊿;)

まだ鼻水と痰の絡んだ咳はかなりあるので、粉なの飲み薬だけ追加でもらい、吸入とステロイドは卒業しました( ´ ▽ ` )ノ

両耳の中耳炎も前回よりは少し良くなっているそうです。

RSウイルスにかかると中耳炎を併発する事も多いようで、ぷっちんもそうだったみたいです。

とにかく初めての事だらけで不安でしたが、ちょっとだけ安心しました。

RSウイルスは遅かれ早かれ2歳までには皆かかる病気ですが、ネットで調べるとほとんどのページで「乳児がかかると重症化する恐れがある」と書いてありすごく怖かったです…

1歳過ぎのお子さんでも入院されてる方が多くて(RSウイルス 入院で検索して体験談など読み漁りました)、皆かかるからといって油断出来ないですね。

今回ぷっちんの場合ですが、熱は初日だけでそれ以降は平熱まで下がりました。

やはり熱が辛いのか中耳炎で耳が痛いのか、最初の2日間は一日中ぐずぐずで、1日に何度も何度も何をしても泣き止まないようなギャン泣きを繰り返していました。

先生から「横になると呼吸が苦しくて眠りにくいから、ママは大変だけど抱っこ紐などで寝かせてあげるといい」と言われていたので昼寝も抱っこ紐の中。

降ろすと泣いて耳を掻きむしるので一日中抱っこ紐生活を3日目まで送ってました。

機嫌が落ち着いてきた3日目辺りから今度は痰の絡んだような咳と鼻水が悪化。

私がしょっちゅう鼻水を吸引するので、ぷっちんは鼻吸い器を見ただけで泣くようになりました。ある意味成長( ´ ▽ ` ;)

5日目の昨日、咳と鼻水は相変わらずですが機嫌はだいぶ良くなりました。

が、

発熱した日以来、あれだけ順調だった離乳食を拒否するように…(泣)

甘い味のお薬はペロリなんですけどね。

ちょうど発熱した日から2回食にする予定だったのですが、また振り出しに戻ってしまったので2回食は当分先になりそうです(;⊿;)

今回、ぷっちん的には特に中耳炎が辛かったのかな?と思います。

あくまで推測ですが…中耳炎は痛いと聞くし、泣きながらしょっちゅう耳を掻いていたので。

ちなみに私的にはギャン泣きが辛かったです。

ぷっちんが一番辛いのは勿論分かってます。

でも…それでもやっぱりギャン泣きはツラい…

ギャン泣きっていうか、あれもう悲鳴ですよね。

泣くっていうより、悲鳴の連続って感じ。

そして吸入器!

組み立てて液状の薬を入れて、それが霧状になって出てくるのを吸わせるんですが、1回につき10分~15分もかかるんです!!!

こんな感じ↓

具合が悪くMAXぐずぐずの中、バンボに座らせて泣いても喚いても10分~15分は薬を吸わせなくてはいけないのが本当に大変でした。

吸入、粉薬→朝晩

ステロイド(飲み薬)→朝昼晩

だったんですが、

夫が居ない朝は吸入→粉薬&飲み薬→授乳→オムツ替えという一連の流れを1人でこなさなきゃいけないのが本当に大変でしたorz

たった4日間でこれだけ弱音吐いてちゃだめですよね…

世の中のお母様方本当すごい…

まだまだ鼻水を吸引する母VS全力で抵抗する息子の戦いはしばらく続きそうですが…

とにかく親子共々初めての連続でとても苦労しました。

やっぱり健康が一番!!!

まだ治ってないけどね。

このまま元気になーれ!

RSウイルスなんてやっつけてやる!

ぷちおパーンチ!!!

ご覧いただきありがとうございます。

ポチッと押していただけると更新の励みになります( ´ ▽ ` )

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村