foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

突然の高熱と、聞き捨てならない一言

金曜の朝方から39.3℃発熱したぷちおさん。


金曜夕方(2件電話してやっと取れた予約が17時‼︎)に小児科へ行くも発熱初日なので検査しても反応が出ないらしく、


再び土曜に行って来ました。




初めての採尿を失敗して持っていけず、インフルの検査(鼻に長い綿棒を突っ込むやつ)で鼻血を出しつつ、なんとか検査終了。






結果、インフルではない!


多分突発性発疹だろう、ということでした。


突発性発疹とは、赤ちゃんが急に40度近い高熱を出し、熱が下がった後に全身に発疹が現れる感染症です。
生後6ヶ月頃から1歳になるまでの間に発症することがほとんどで、発症した赤ちゃんのうち1歳未満の子が99%を占めるといわれています。極めて稀ですが、1歳を過ぎて発症することもあり、遅くても2歳までには発症します。



ついに来たか、突発性発疹


覚悟はしていたけれど、やはりいざなってみると結構テンパります。



というのも、まず全然熱が下がらない




ずっと39℃以上出っぱなしです。


普通の風邪だと熱が上がったり下がったりしますが、これはずーっと高熱



そして40℃以上の熱が普通に出る



体温計二度見してしまいましたよ((((;゚Д゚)))))))

よ、よよよ40℃‼︎⁈


大人でも相当辛いのに、こんな小さな身体で大丈夫なのかな?

何度になったら救急で診てもらうべきかな?


と常にヒヤヒヤしてます。




今回ぷちおの場合は


  • ごく少量の離乳食と母乳、少量の麦茶などの水分補給が出来ている
  • 基本的に機嫌は悪いが、授乳後などの機嫌がいい時はいつも通りよく笑う
  • 40.1℃以上は上がらない



という感じなので、ものすごく重い症状ではなさそうですが…やっぱり心配です。



一応病院で解熱剤(座薬)は貰いましたが、水分が取れずぐったりしているようだったら使ってくださいと言われたのでまだ使わずにいます。


今日で発熱から3日目ですが、明日には少し下がってくれますように…










そんなぷちおが発熱中の今日、夫からの一言で家の空気が変わりました。




お昼過ぎ。


自分達のご飯と離乳食を準備し、夫は先に食べててもらい私はぷちおに離乳食をあげていた時のこと。




私「最近手掴み食べで毎回大変なんだよねー」


夫「うん」


「手掴み用の離乳食作ったりもだけど、食べてる時べちゃべちゃになったりスプーンだと食べてくれなくなったり、嫌がって泣いたり授乳後に片付けたり…ぺちゃくちゃ」


「ふーん」


「1日2回でもかなり大変なのに3回食とかこわいわ…」


「がんばれー(応援する感じではなく、聞き流す感じで)」


モヤッ「……なんか他人事だね」

 

「他人事だし。」

(即答)





他人事だし。


他人事だし。


他人事だし。


他人事だし。





はいいいいいいい???( ゚д゚)?!!



他人事ですか! 


あなたにとって離乳食うんぬんは他人事ですか!!



つまり育児は他人事ですかあああ!!!




…まあ夫の性格上、そういった悪意はなさそうです。即答だったし。




多分彼が言いたかった事は


「(俺は毎日仕事だから普段離乳食をあげる事はないし、離乳食うんぬんの大変さは分からないからその大変さに関しては)他人事だし。」


てな感じだと思われます。




もしかしたらこれを読んだ方の中には「え?なんで怒ってんの?」という感じに思われる方もいるかもしれません…



女性は特に共感に重きを置く生き物なので、私が過敏に反応してしまっているだけなのかもしれません…





それにしても


もう少し言葉選んでくれませんかねえ( ゚д゚)(怒)





別にね、

「それは大変だったね!

いつも本当にお疲れ様!

はむ子は良く頑張ってるよ☆」


↑なーんて高度な相槌求めてる訳じゃないんです。


ただ「大変なんだよー」っていうのを聞いて欲しかっただけなんですよ。





よくありますよね。


ただ聞いて欲しいだけの女性と、ただ事実を述べただけの男性との間のこの違和感。






とにかくその一言でプッツンな私はそれ以降(夫に対しては)無言で離乳食を終わらせ、一瞬外に出て電話で姉に愚痴りました(笑)




少しスッキリして家へ戻るもやはり苛々…



普段は「ぷちお少し見ててももらってもいい?」と一声かけてから家事をしますが、そのままリビングに戻る事なくキッチンで2時間過ごしました。 



有無を言わせず面倒を見てもらう作戦。

おかげで手掴み食べの離乳食作りがかなり捗りました。



まあこんな事しなくても、元々


「今日の用事は昼までに終わらせるようにして、午後はなるべく俺がぷちおの面倒見るから」


って言ってくれていたんですけどね。



優しい!!!!

自分だって仕事で疲れているのに!!

なんていい夫なんだ!!!


って思ってたんですけどね。

いや、今でも思ってますけどね。




それにしても、他人事はないだろ…(超根に持ってる)




別に夫が悪いっていう訳でもないし、いつまでも怒ってても仕方ないのでしばらくしたら普段通りに接しました。



ですがこの一言は暫く忘れられそうにないです。




最近他の方のブログでも「モヤっとした旦那さんの言動」なんかをチラホラ見かけるのですが…


パパさん生後9カ月はそういう時期なんですかね(´Д` )?




私も気付かないうちに夫をイラつかせているのかもしれません。


いや、イラつかせているであろう、きっと。




こんな時、ぷちおが居てくれて本当に良かったと思います。


どんなに険悪ムードでも、ぷちおのちょっとした言動で空気が和むもんね。


早くこんな元気な笑顔が見たいです。


ぷちおの熱良くなーれ。



ご覧いただきありがとうございます。

ポチッと押していただけると更新の励みになります( ´ ▽ ` )

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村