読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

生後10ヶ月。アレルギー外来で心折れた話。

9日でぷちお、生後10ヶ月になりました。

そして夫は誕生日を迎えました。

 

 

 

 

 

 

あっという間に30代半ばの夫。

 

 

 

年々体力落ちてるみたいですが、それでも家族の為に毎日力仕事頑張ってくれている夫に心から感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、タイトルの件。

 

 

 

先月末、ぷちおのアトピーを診てもらいに少し大きな病院へ行ってきました。

 

 

 

 

その時に血液検査をしてもらい、2週間分の食事内容(息子と私の分)を記入する宿題が出ていました。

これが少し面倒で、朝昼晩三食の献立と材料を全て記入しなければならない

 

 

 

そして先週の金曜日に再来、主に血液検査の結果と食事内容の指導を受けるといった内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー外来は初だったので、診察前に裸で身長と体重を測定。

 

 

身長 70cm

体重 7.78kg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、あれ…?

 

 

 

久しぶりに測定したのですが、なんだか身長も体重も思ったより増えてない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと不安になりましたが、その不安は見事的中。

 

と、いうか診察はそれ以上に心折れる内容だったので簡単に書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

•お粥だけだと食べないのでさつまいも粥などにしている

 

お粥は何も混ぜないであげないと素材の味を覚えないからだめ。

 

 

「でもオエッとしちゃって食べてくれないんです…」と言うとお腹が減ってれば嫌でも食べるわよとバッサリ。

 

いや、本当に食べてくれないんですよ…泣

 

 

 

 

 

 

 

・バンボに座らせて食べさせている

 

足がしっかり付くタイプの椅子じゃないと噛む時に力が入らないのでだめ。

 

 

 

 

 

 

・手づかみ食べ用の米粉パンケーキを毎食出している

 

そもそもなんで米粉なの?

別にパン食べさせてるなら小麦粉でも変わらないし、毎食同じもの食べさせている方が問題よ。

 

「いや、でも昼はほうれん草の米粉パンケーキなら夜はカボチャ、って感じで変えているんですけど…」

 

手づかみで汚れるのが嫌でそういうの作ってるのかもしれないけど、無駄だからやめなさい。

野菜やフルーツで手づかみさせるように。

 

「すみません…」

 

 

 

 

 

 

・アレルギーの子はたんぱく質を遅らせた方がいいと聞いたので、まだあまりあげていない

 

 

早くもっと色々な種類のたんぱく質を毎食あげなさい。

 

 

「以前私が大豆を食べてボツボツが出たり、皮膚科の先生に卵アレルギーなので鶏肉は気をつけるように言われたんですが…」

 

関係ないわよ。バッサリ。

 

 

 

 

 

 

・食後は濡れタオルなどで口周りを拭いている

 

 

拭くっていうのは汚れを擦り付けているのと一緒だから。

面倒かもしれないけど、毎食後ぬるま湯でちゃんと洗ってあげなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど。

 

 

 

 

 

 

他にも色々ご指導いただいたのですが、途中から泣くのを我慢するのに集中していた為か記憶が飛び飛びです(笑)

 

 

 

怒られている訳ではないのに、せっかくちゃんと指導してもらえるとてもいい機会なのに、何故だかだんだん辛くなってきてしまいまして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まであーでもないこーでもないと一生懸命悩んだり工夫したりしてなんとかここまで進めてきた離乳食。

 

 

全然食べてくれずにぐずる息子を前に、なんとかして少しでも食べてくれるようにしてきた色々な努力。

 

 

 

 

 

 

それらを全否定されたような、今までやってきたことが全て無駄な努力だったような…

 

 

 

 

 

 

ご指導を受けているうちにそんなネガティヴな気持ちになってしまいました。

 

 

 

なんだかこう書いたら先生を悪者扱いしてるみたいですが、実際はとてもいい先生です。

ちゃんと一つ一つ丁寧に説明してくれて、こちらの質問にもちゃんと答えてくれる信頼出来る方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんアレルギーの事だけではなく、生後半年くらいから身長と体重の伸びが悪くなっている事も指摘されてまた落ち込み…

 

 

(以前は成長曲線ど真ん中でしたが、今では成長曲線のかなり下の方に居ます。

年明けから立て続けに体調を崩し、離乳食を全く食べない時期が多々あったのが原因かと思われます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、

 

 

 

アレルギー外来を出てから栄養士さんのお話を聞き、洗顔の指導を受け、薬局へ行き、送迎バス(1時間に一本)の時間まで30分程あったので少しお散歩する事に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽかぽかと暖かい、とてもいい天気の昼。

 

 

 

 

病院裏手にある人気のない駐車場をショボショボ歩きながら、今までの事や先程言われた事を考えていると気付いたら泣いていました。

 

 

 

 

 

 

ちょっと立ち止まり、周りに人が居ないか確認し、ハンカチを取り出し。

 

再び、今度は声を殺しながらも思いっきり泣きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの努力はなんだったんだろう。

 

 

色々な離乳食のレシピを試作したのに、全部無駄だったんだ。

 

 

お粥を嫌がる息子に、これからどうやって食べさせればいいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私ひとりで、これからどうしたらいいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院の裏手の駐車場で赤ちゃんを抱っこしながら大泣きする母親。

 

側から見たら大丈夫?って感じですよね。

 

 

 

 

そんなこんなでバスの時間までうじうじ泣いていましたが、バスに乗る頃には少しだけ、ほんの少しだけ気持ちがスッキリしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして先生に言われた通り、

 

 

ネットでちゃんと足が付くタイプのベビーチェアを探し

 

たんぱく質の種類を増やし

 

お粥はお粥だけで与え

 

毎食後ぬるま湯で顔を洗い

 

 

 

これを機に三回食にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お粥に関してはやはり何度与えても毎回オエッオエッと繰り返すので、好きなものと交互に与えたりしてなんとか誤魔化し誤魔化し頑張っています。

 

 

 

 

喉に詰まってオエッとしている?と思いドロドロにすり潰しても、

 

逆に5倍がゆをすり潰しさずに与えたり軟飯をちょっと潰して与えてみても、

 

 

 

 

とにかくどんな食感にしてもオエッとなるので、多分味が好きじゃないんだと思います。

(不味いおかずの時もオエッとやるので)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこうして根気強く与えていたらいつか普通に食べてくれる日がくるのかな。

 

 

くるよね。

 

 

きてください、お願いします。泣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はまた2週間後に行く予定なので、気を緩めずにしっかり頑張ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかとっても辛い日でしたが、病院から帰宅後久々に行った支援センターではとても楽しい時間を過ごせました。

 

 

 

初めて同じくらいの月齢の男の子とぷちおが絡んでる姿を見れたり、そのママさんと長い時間お話出来たり、今まで行った中で一番楽しかったです。

 

 

 

 

 

その男の子が何度かぷちおの頭を食べようとしたのですが、その姿がすごく可愛かったり。

 

それに対して全く動じてないぷちおが可笑しかったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもいい時間を過ごせたので、来週からはもう何も気にせず週2回くらい支援センターに行ってみようと思います。

 

 

 

辛いだけの1日じゃなくて良かった…

 

 

 

 

 

 

 

ぷちおさん、早くぐすぐず期を脱してくれますように。

 

私は三回食、新たな離乳食作り頑張ります。

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

ポチッと押していただけると更新の励みになります( ´ ▽ ` )

 

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村