foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

イヤイヤ期なのはむしろ私の方だった

なんだか最近メンタル系の更新ばかりな気がしますが、ストレスの原因が発覚し少し落ち着いたのでそれについて書こうと思います。

 

 

 

 

ここ1ヶ月、日に日に自我が強くなっている様子のぷちお。

 

自分の欲求がちょっとでも満たされなかったりすると「キィャァアアア!!!!!」と高音の悲鳴をあげながら暴れ泣きします。

 

 

 

特に今までと違うのは抱っこ紐時。

 

今までは抱っこ紐で抱っこしている時は大人しくしていたんですが、最近は「あれ欲しい!」「これ触りたい!」の欲求がすごいです。

 

 

抱っこ紐で買い物中も手を伸ばしては「ん〝〜‼︎‼︎」と主張し、渡さないとお得意の「キィャァアアア」が発動。

 

ゆっくり買い物もしてられません。

 

 

 

それでも今は少し経てば収まるのでまだなんとかなりますが、これがイヤイヤ期になったらどうなることやら…

 

 

イヤイヤ期を乗り越えた先輩ママさん方の伝説の数々(家まで徒歩5分の距離をタクシーで帰宅した、などなど)を聞く限り、

 

今の私のキャパでは全く乗り越えられる気がしない。

 

本気のイヤイヤ期が来る前に私の心にもなんとかゆとりを持たせなければ。

 

 

 

 

なーんて思いつつも、やっぱりイライラしてしまうのが子育ての現実です。

 

 

最近では大好きな支援センターに居る時でさえも「キィャァアアア」を連発しているので、先生方や先輩ママさん達に

 

「ぷちお君もイヤイヤ期に足を踏み入れてるねえ」

「これからどんどんエスカレートしてくから覚悟してなよ〜」

 

なんて脅されてます…こわい……

 

 

 

 

もうすぐ1歳2ヶ月になるぷちお。

 

イヤイヤ期なんて2歳頃だからまだ先だなーなんて思っていたけど、もう足を踏み入れてるのね…

 

どおりで最近「性格変わったんじゃないの?」ってくらいすぐ癇癪&人見知り&ビビり&後追いMAXな訳だ。

(全部がイヤイヤ期に関係しているのかは不明)

 

 

 

 

 

私が特にイライラしてしまうのは離乳食タイム

 

 

自我が出てきたぷちおは

 

「あれ(好物のおかず)が先に食べたい」

「白米は食べたくない」べぇ〜

「肉魚は食べたくない」べぇ〜

「スプーン持ちたい遊びたい」ポイッ

「早くあれ食べさせて」

「やっぱり自分で食べたい」

「もう飽きたから遊びたい」

 

などなど、

離乳食中は挙げるとキリがない位の欲求をぶつけてきます。

 

 

 

しかもまだ話せないのでその欲求を伝える手段はもっぱら「怒り(ん〝〜‼︎)の指差し」か「泣く」。

 

 

つまり不機嫌時の離乳食タイムのぷちおはもぐもぐしている(怒りながら)指差ししている泣いているか、あるいはそれら全てな訳です。oh…

 

 

それに加えて

 

好き嫌いが激しくなってきたためか、嫌いなものでなくても飽きてきたら吐き出すというのを再びやるようになってしまいました。

 

 

 

おっとなんだか愚痴ばかりになってしまいましたが、

とにかく私にとっては1日3回の離乳食タイムが最もストレスの溜まる時間な訳です。

 

 

勿論いい子に食べてくれる時もあります。

そんな時はなんのストレスも感じないんですけどね(当たり前)。

 

 

 

 

 

一方、離乳食をあげている時の私はというと…

 

 

「出さないのっ!!!」

「もー…ちゃんと食べてよ」

「べぇ〜しないで」

「ちゃんと座ってね……ぷちおくん座ってください………座りなさい(怒)」

「ポイしないの!」

「いい加減にして」

 

 

まさに怒りのオンパレード。

 

 

 

「何でもかんでも怒っていると子供が食事を嫌いになってしまう」

「練習なんだから自由にやらせた方がいい」

 

 

などとよく聞きますが、本当にその通りだと思うんです。

だから私も最初は我慢してなるべく言わないようにしていました。

 

 

 

 

 

が、やっぱり無理(^ν^)

人には向き不向きがありまして…ゴニョゴニョ(言い訳)

 

 

子供なんだから綺麗に食べられないのも食事中に遊んじゃうのも当然なのに。

 

こぼされたり汚されたら後で掃除すればいいだけの話なのに。

 

 

なんで私は些細なことでこんなにイライラしてしまうんだろうと何日も考えてたんですが、ふと急に思ったんです。

 

 

あれ、これってもしかしてイヤイヤ期なんじゃない?(私の)

 

 

確かに以前はこんなにイライラしなかった気がするし、最近はほんの些細な事でイライラしてつい大きい声で怒ってしまうし、何をやってもスッキリしないし。

 

 

 

実際子供のイヤイヤ期とは違いますが、私はあえてこれを(育児)イヤイヤ期と名付ける事にしました。

ただストレスが溜まっているだけと言ったらそれまでなんですが(笑)

 

 

そして、

「私はいまイヤイヤ期なんだ」

「ちょっとの事でイライラしてしまってもイヤイヤ期のせいだから仕方ない」

 

と、イライラする度にイヤイヤ期のせいにしてます(笑)

何かのせいにしてなきゃやってられないぜ( `ω´)

 

 

しかしそう思えた事で、なんでこんなにイライラしちゃうんだろう…という自己嫌悪から解放されました。

 

 

そのおかげか、今は完全に「私イヤイヤ期です!」と開き直れたのでなんとなく気持ちが軽くなり、以前よりイライラする頻度が減りました。

 

 

 

そしてもうひとつ。

 

 

以前から支援センターやブログで色々なママさんのお話を見たり聞いたりして、その度に「私は◯◯で本当にダメな母親だな…」と凹む事がよくありました。

 

 

その◯◯とは例えば

 

  • だらしがない
  • 離乳食が手抜き
  • よく怒る

 

 

などなど。

 

書き出してみるとくだらないというか、全部自分のせいじゃんって感じなんですが(笑)

 

 

 

例えば先程も書いた離乳食時。

 

本当はただ怒るのではなく、

 

「そうだよね、遊びたいよね。

でも今はごはんの時間だからちゃんと食べようね。

食べ終わったらまたいっぱい遊ぼうね。」

 

 

みたいに共感してあげた上で優しく注意したい。

 

けど頑張って意識してもただ怒ってしまったりして出来ない事の方が多くて「なんで私は出来ないんだろう」と思ってしまい、更に自分を追い込んでしまっていました。

 

 

そして考えているうちに気が付いたんですが、この一連のイライラの原因でもあるストレスの一番原因は

 

 

「理想のお母さん」と「現実の自分」とのギャップ

 

だったんですね。

 

 

「こうなりたい」「こうしたい」という理想

でも実際には「出来ない」という現実

 

そして、「皆出来てるのになんで出来ないんだ」という自己嫌悪

 

 

その自己嫌悪が積み重なって、いつのまにか大きなストレスに変わっていったんだと思います。

 

 

 

勿論私の努力が足りないことであったりはするんですが、それはあえて目を瞑ることします( ´ ω` )

 

理想も大事だけど、自分には自分に合ったやり方があるんだから無理して頑張らなくてといいじゃないか、と。

 

 

 

「今は私はイヤイヤ期だからイライラするのは仕方ない」

「無理に理想のお母さんを目指す必要はない」

 

と開き直る事で、肩の荷が下りたような気分になりました。

 

 

たまにはじっくり自分の気持ちと向き合ってみるのもいいですね。

おかげでなんだかここ最近のモヤモヤがスッキリ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

ぷちおも一山越えたのか、母親の気持ちがスッキリしたのを察してか、

 

昨日今日のぷちおはとってもいい子(あまりべぇ〜と吐き出さず)に離乳食を食べてくれました。

 

 

おかげで久々に母子ともにご機嫌な離乳食タイムでした。

 

 

やっぱり笑顔でごはん食べるのが一番ですね(^ν^)

 

 

 

 

 

 

 

そういえば最近、1歳の誕生日に実母から買ってもらったリュックを背負わせてみました。

 

買ってもらったリュックはこちら↓

 

 

f:id:putioham:20160806145817j:image

 

このリュック、名入れもさり気ないし、どんな服装にも合わせやすいデニム地のリュックなのですごく気に入っています。

 

f:id:putioham:20160806221709j:image

 

正面↓

f:id:putioham:20160806221703j:image

 

中はこんな感じ↓

f:id:putioham:20160806221722j:image

 

裏側はメッシュになってます↓

f:id:putioham:20160806221800j:image

 

作りも子供用とは思えないくらいしっかりしているし、お値段も手頃なのでオススメです。

 

 

 

ぼちぼち外でも1人で歩けるようになったので、これからお散歩時はリュックにマグを入れて自分で持ってもらおうかな( `ω´)

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村