foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

(私の)イヤイヤ期が過ぎて思うこと

1ヶ月ほど前にこんなブログを更新していたんですが↓

 

putioham.hatenablog.com

 

あのイライラの日々から1ヶ月経った今、びっくりするほど親子共とても心穏やかに過ごせています。

 

 

 

 

ぷちおは以前みたく一日中「ん〝んんんんん!!!!(怒)」と怒っているということもなくなったし、そのおかげで私もイライラする事が激減しましした。

 

 

今でも離乳食中は困らせられる事が多いですが、それでも今はなんとなくやり過ごせます。

 

 

 

 

 

こうして今の平和な日常の中で以前を振り返って思うのは、

 

 

やっぱり(私の)イヤイヤ期だったんだ!

 

ということ。

 

 

 

偶然か、ホルモンのせいか、溜まったストレスからかは分かりませんが、とにかく1ヶ月前が私のイヤイヤ期だったようです。

 

そしてそんな私の「イヤイヤ期」は一時的なものなので、ちゃんと終わりがきました。

 

 

 

当時のぷちおは一日中キーキーギャーギャーしていたし、私はとにかく一日中イライラしていたし、

 

こうして振り返るとまるで未来の「ぷちおのイヤイヤ期」を見ているようで本当に恐ろしいんですが…((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

なのでぷちおのイヤイヤに備えて未来の自分へのメモとして、イライラ時に効果的だった事をいくつか書きたいと思います。

 

 

 

 

離乳食を手抜きする

自分に余裕がない時って本当に些細な事でもイラっとしてしまうんですよね。
 
 
特にストレスが溜まっている時なんかは、例えば離乳食を作っている時にグズられるだけで相当イライラしてました。
(心に余裕が出来た今は「今ぷちおのご飯作ってるからもうちょっと待ってねー」と、特にイライラせず作れます)
 
 
 
そんな時は自分の心に余裕を持たせることが大事なので、とにかく手抜きする!
 
 
 
 
 
例えば離乳食。
 
 
作っている間にグズられるのが嫌な時→少しベビーフードに頼ってみる
 
ベーベー吐き出されてイライラする→好きなものだらけのメニューにする
 
離乳食自体投げ出したい時→他の人にパス

 

 

 

のように、

 

余裕がない時は手抜きをすることでかなり楽になりました。

 

 

私の場合、最もストレスが溜まるのが離乳食タイムだったので、

 

いかにイライラせず離乳食タイムを乗り切るかばかり考えていた結果、当たり前だけどこの「手抜き」がすごく効果的だということに気付きました。

 

 

また、手抜きをしている自分を許すというのも本当に大事。

 

 

手抜きしたはいいものの、後で自己嫌悪になってたらまたストレス溜まるので。

(私のよくやるパターン)

 

 

お昼をベビーフードにするなら朝晩は野菜を多めにしようとか、

 

手抜き=悪い  ではなく、

手抜き=他で補えばOK

 

という風に考えるようにすると気が楽なので、これからも適度に手抜きしていくつもりです。

 

 

 

 

 

とにかく外出する

家にいるとぷちおも私もキィィイイイとなりやすかったので、毎日のようにお出かけしてました。
 
 
 
 
その中でも特にオススメなのが孫と触れ合いたい(自分側の)親戚宅
 
 
私の場合、私の祖父母宅や、ぷちおを孫のように可愛がってくれている叔父叔母の宅などにお邪魔しました。
 
 
 

自分の親戚なのであまり気疲れしないし、お宅にお邪魔することでぷちおもいつもと違った場所を楽しめます。

 

 

それにめちゃくちゃ可愛がってくれるので、私にとっては大変な離乳食も喜んであげてくれる!

 

泣いても誰かしら抱っこしてくれる!

 

常にぷちおと誰かしら遊んでくれる!

 

 

その間私はゆっくり座って出してもらったお茶やお菓子をもぐもぐ…

 

 

ぷちおは遊んでもらえてハッピー。

親戚達はぷちおと遊べてハッピー。

私はぷちおの面倒を見てもらえてハッピー。

 

 

みんな幸せになれました。

親戚が近くに住んでいる方は本当にオススメです。

 

 




支援センターをフル活用する

これは今も継続中です。
最近は週3程度行ってます。
 
 
お昼寝が午後1回に定着しつつあるぷちおの場合、
 
 
7時〜7時30分  起床、朝食
〜家事やスーパーへ買い物〜
10時    午前中支援センターで遊ばせる
12時半過ぎ    帰宅
13時    睡魔と闘いながら昼食
13時半    昼寝
15時半    起床
〜家事や散歩、スーパーなど〜
17時半    風呂
18時半    夕飯
20時    就寝
 
 
 
こんな感じで、
 
朝家事がひと段落ついたら支援センターで遊び、帰宅してご飯食べたらすぐ寝てくれるので自由時間。
 
 
お昼寝から起きたら夕方なのでなんとなく一日潰せた感があります。
 
 
 
 
 
それにショッピングモールとかだとついついお金を使ってしまいますが、支援センターだと無料なのが嬉しいところ。
 
 
 
 
また、運が良ければ気の合うママ友が出来たりしちゃったり。
実際に何人かと連絡先交換し、定期的に遊べるようなママ友が2組(1人と2人)出来ました。
支援センターで出会ったママ友ついては他にも色々あるので、また後日書きたいと思います。
 
 
 
 
基本的には徒歩3分の支援センターに行ってますが、先日仲良くなったママさんと違う駅の支援センターにも行ってきました。
 
 
場所によって雰囲気や広さ、おもちゃの種類など全く違うので、いつもと違う支援センターに足を伸ばしてみるのもオススメです。
 
 
 
 
 
 
 
 
以上、「離乳食を手抜き」「外出する(親戚の手を借りる)」「支援センター通い」の3つで私は自分のイヤイヤ期を乗り越えました。
 
 
 
きっとまたいつか来るであろう私(もしくはぷちお)のイヤイヤ期にも、この3つを駆使してなんとか乗り越えたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
........................
 
家ではよく笑い、理由もなくグズる事はほとんどなくなったぷちお。
 
 
本当によく笑うのですごく可愛いのですが、外に出るとあまり笑わないんです。
 
そして外だと何故かグズる。
 
 
 
 
特にママ友やその子供達とお出かけした時はいつもあまり笑わない&常に不機嫌気味なんですよね。
 
 
よく遊ぶママ友だと少し笑うので、やっぱり人見知り的なものなんでしょうか…
 
 


本当はもっとよく笑う子なんだけどなー。


 
泣き顔も可愛いんですけどね♡(親バカ)
 f:id:putioham:20160902233001j:image
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しているので押してもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村