foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

1歳3ヶ月の息子と東京スカイツリーに行ってきました。『こどもの湯』編

先日、ママ友さん達(大人3人、生後10ヶ月、1歳3ヶ月、1歳6ヶ月)と東京スカイツリーへ行ってきました。


ちなみに私、埼玉に住んでいながら初東京スカイツリーです。電車だと割と簡単に行けるのですが、なんせ夫が都内に行きたがらないもので…

久々の観光地なので、前日は遠足気分でドキドキしてました(笑)


0歳児から楽しめる『こどもの湯』

今回の目的はこちら、『こどもの湯』

f:id:putioham:20161005214920j:image

私が最近カメラに夢中ということで、ママ友さんが絶好の撮影場所だから!と案内してくれました。

聞いた時はこどもの湯ってなんぞ?温泉?って感じでしたが、子供の有料遊び場なんですね。


中は2種類のボールプールや滑り台、マッサージ機やおもちゃ類、コスプレ類、駄菓子売り場、なりきり職業コーナー(?)など盛りだくさんです。


ちなみに料金はちょっとお高めです。

今回は2時間パックで入りましたが、私とぷちおで2,700円也。さすがソラマチ。観光地価格ですね。

その値段のためか平日だからか、2時間居てもほぼ貸切状態でした。


中も結構広いです。

f:id:putioham:20161005215109j:image

ちなみにこの写真の左奥にあるのが虹の湯といって、オススメの撮影場所なんだとか。

なので今回は撮影スポットに焦点を当てて『こどもの湯』をご紹介します。


撮影スポットその1 虹の湯

早速行ってみました。

f:id:putioham:20161005215212j:image

おお、確かに虹色だ!

半透明のボールプールに下から虹色のライトが光るので、いつものボールプールとはひと味違います。

f:id:putioham:20161005215310j:image

ボールがレフ板的な効果をもたらしているのか、子供の顔も明るく写りました。

なんか余計な袋みたいなの写っちゃってるけどね(笑)

上から撮るとボールの虹色が綺麗だし、ちょっと下から撮ると子供の顔が明るく写るのでついつい沢山撮りたくなります。


撮影スポットその2 8,800個ものボールを使用したボールプール

広いなー。

f:id:putioham:20161005220447j:image

この写真の左手にすべり台がついてます。

f:id:putioham:20161005221012j:image

が、

このすべり台、めちゃくちゃ急な角度です。

写真では分かりにくいですが、急過ぎて滑り終わったらお尻痛くなってました。着地失敗。

遊ぶ際はお気をつけください。


撮影スポットその3 可愛い小道具

f:id:putioham:20161005221422j:image
懐かしのケロリン。記憶にないけど。

ぷちおはこのケロリンが特に気に入ったようで、ひたすらケロリンを並べ続けていました。

10ヶ月の赤ちゃんもケロリンにボールを入れたり出したりして楽しそうでした。
f:id:putioham:20161005221846j:image

他にもマッサージ機だったり畳とちゃぶ台だったり、昔ながらの雰囲気の写真が撮れます。


撮影スポット?その4 無料貸し出し衣装

マッサージ機などがある畳のスペースの一角に、貸し出し用の甚平(男女)と忍者の衣装(黒)がありました。

店員さんに言うと手裏剣も貸してもらえるとの事なので、早速ぷちおに着せてみると…

f:id:putioham:20161005222235j:image

か、かわいい…!!!(親バカ)
ぷちおも気に入ったようで集中して手裏剣をいじっていました。

それにしてもなんだろう、忍者というより黒子感がすごいな。

甚平も男女ともに何着かありましたが、1歳児には少々大きかったです。2歳〜3歳児くらいがちょうどいいかな?


撮影スポットその5 なりきりコーナー『お祭り広場』

こちらは説明するより写真を見てもらった方が早いので載せていきます。

たこ焼き屋さん。
f:id:putioham:20161005222747j:image
ちゃんとレジも付いてまっせ。
f:id:putioham:20161005222835j:image

続いてお寿司屋さん。
f:id:putioham:20161005222850j:image
桶もありまっせ。
f:id:putioham:20161005222904j:image

続いてお好み焼き屋さん。
f:id:putioham:20161005222938j:image

最後に八百屋さん。
f:id:putioham:20161005222959j:image

たこ焼きは一個一個外れるようになっていたり、お寿司はネタとシャリが取り外し可能たったりと、とにかく細部まで凝ってます。

個人的にはこの八百屋さんの前掛けがツボでした。
イタズラ八百屋さん↓
f:id:putioham:20161005223154j:image

ついつい全ての写真を撮りたくなるような、そんな魅力的なコーナーでした。

1歳児の2人はまんざらでもなく小道具で夢中に
なって遊んでいましたが、10ヶ月の赤ちゃんにはまだ少し早かったようです。
ここのコーナーは歩けるようになってからの方がオススメかも。


『こどもの湯』のオススメポイントまとめ

  • 普段撮れない写真が撮れる(虹のボールプール、忍者、たこ焼き屋さんなど)
  • 平日は空いているので自由に遊べる
  • トイレが近い(こどもの湯を出てすぐ右がトイレ。一時退出OK)
  • 0歳児から小学生まで楽しめる(もちろん大人も)

逆に1歳児連れ目線でのちょっとマイナスな点は
  • 料金がお高め(最短利用時間が1時間)
  • お菓子売り場がお祭りコーナーに隣接している(子供がおもちゃだと思って売り物のお菓子を手に取ってしまう)
という点でしょうか。


一応マイナス点もあげましたが、私達はとっても楽しめました。

とにかく歩きたがる、けど歩かせると何処へでも行ってしまうしなんでも手に取ってしまう1歳児を抱える母としては、こういう遊び場がひとつあるととても助かります。

ソラマチ商店街を始めとするショッピングエリアでは人も多いし、なかなか歩かせられないので。

午前から行って、ここでたっぷり遊ばせた後にお昼ご飯、子供達が食後のお昼寝中にママ達はショッピング…という流れがオススメです。



長くなったので、今回はこの辺で。
次回は『展望台編』を書きたいと思います。
f:id:putioham:20161005225648j:image

最後までご覧いただきありがとうございます。
ポチッと押してもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ

にほんブログ村