foto bambini

プロカメラマンを目指す主婦の奮闘記。と、2015年生まれの息子の育児ブログ。

子供の写真を魅力的に撮る方法を考える〜構図編〜

子供を撮るときいつも迷うのですが、子供を中心にして撮るのか、はたまた中心から少しずらして撮るべきなのか…

 赤ちゃんや子供が被写体の場合、どのような構図で撮るとより魅力的な写真になるのかを素人目線(ここ重要)で比較してみました。
 

ちょっとこなれた写真になる『三分割法』

f:id:putioham:20170207231749j:plain

『三分割法』は画面を縦横三分割にした交点に被写体をもってくるという方法。
(この写真では息子の目と手を交点にもってきています)
 
三分割法についてはこちらの記事に分かりやすく書いてありました↓
 
メリットとしては「バランスの取れた写真になる」「それっぽい写真になる」と言ったところでしょうか(雑に言うと)。
カメラ初心者の方で構図を意識し始めた時、まずはこの構図を練習される方も多いのではないでしょうか。私も練習中です。
 
なにかと使いやすいと言われるこの構図ですが「動く被写体だと難しい」「ピントがズレやすい」というデメリットもあります。
 
実際この『三分割法』は結構難しいです。
私も意識して撮るものの、きっちり交点にのらないので後でパソコンでトリミングして微調整したりします。
でも普段の写真ならなんとなくでいいんですよねきっと(´ω`)
 
 

被写体を目立たせたいなら『日の丸構図』

f:id:putioham:20170207232755j:plain

『日の丸構図』っていうのは、被写体をど真ん中にもってくる撮り方で、一番メジャーな撮り方ですよね。
 
無意識にこの構図で撮ってしまう方が多いと思います(というか普通はこれだと思う)。
私も子供を撮るときは結構な確率で日の丸構図になります。
 
この構図はよく「面白みがない」「躍動感が感じられない」「ありきたり」などと言われがちです。
ですが逆に「主題が分かりやすい」「インパクトのある写真になる」というメリットもあります。
 
 
個人的には、普段赤ちゃんや子供を撮影するなら『日の丸構図』が向いているんじゃないかなーと思っています。
 
何故かというと、子供の写真を撮る時って子供を可愛く撮ることが目的だから。
被写体が魅力的である時は『日の丸構図』の良さが出ます
 
子供は常に変化してますよね。
成長であったり、表情一つであったり。
 
それを写真に撮る時は主役の子供を目立たせたい、可愛く撮りたいという目的があるはずですから、主題が分かりやすくインパクトのある写真になりやすい『日の丸構図』はぴったりなんじゃないかと思います。
 
 

子供撮影における『三分割法』『日の丸構図』まとめ

  • バランスの取れた写真にしたい
  • 主題の他に風景などもちゃんと入れたい
  • こなれた写真にしたい

f:id:putioham:20170207231900j:plain

こんな場合は三分割法
 
  • 主題を目立たせたい
  • インパクトのある写真にしたい

f:id:putioham:20170207233030j:plain

という場合は日の丸構図。 
 
個人的には
  • パッと無意識に撮れる
  • ピントが合わせやすい
  • 子供(主題)が目立つ
  • インパクトのある写真になる
という理由から子供の撮影にはやはり日の丸構図が合っているのかな、と。
子供にピントを合わせながら三分割法…ってのはなかなか難しいですからね。
日の丸構図ならピントも合わせやすいですし。
 
 

おまけ。寝顔の撮り方について。

起きている時のコロコロ変わる表情とは違い、寝顔は同じような表情になるのでつまらない写真になりやすいと思います。
 
私もよく息子の寝顔を撮るんですが、撮る前は「可愛過ぎる!天使!!」と思っているし、昨日の寝顔と今日の寝顔はまた違う、だからこそ撮りたい!と思います。

f:id:putioham:20170207232057j:plain

しかし実際に撮影してみると、可愛い事には可愛いんだけど(親バカ)、なんだか面白みのない平凡な写真だなーと思う事がよくあるんです。
昨日の寝顔も今日の寝顔も同じじゃん、みたいな。
 
なので、『寝顔』など静止している被写体は構図を変えてみるのをオススメします。

f:id:putioham:20170207232142j:plain

被写体が止まっていれば構図を考えながら撮る事が出来るし、ちゃんもピントも合わせられる。
同じような写真になりがちな寝顔ですが、ちょっと目線を変えてみるといつもと一味違った写真が撮れるかもしれません。
 
構図を考えながらいろんな角度から撮ってみるのはとても楽しいです。
 
 

結論

なんだかんだ構図についてグダグダ語りましたが、書いているうちに結局は構図うんぬんより子供のいい表情を捉えるのが最優先だと思いました。
(じゃあ今までの話なんだったんだって感じですね笑)
 
どんなにいい構図でも、主役である子供がいい表情をしていなかったら魅力的な写真にはならないと思います。
構図がめちゃくちゃだったり多少ブレていたとしても、子供がとってもいい表情をしている写真は本当に魅力的ですし、いい記念になります。 

f:id:putioham:20170207234824j:plain

 この写真なんて、ピントは手に合ってるわ顔はボケてるわ構図もめちゃくちゃですが、後ろに見えている階段を上ってきたことと、呼んだら「はーい」と笑顔で手をあげているところがちゃんと写ってます。
 
写真の完成度としては低くても、ちゃんと撮りたいもの、撮りたい表情が写っていればそれは自分にとって魅力的な写真なんだと思いました。
 
ついつい構図に気を取られがちですが、構図より大事なシャッターチャンスを逃がさないようにしたいなと思います。

 最後までご覧いただきありがとうございます。応援クリックもらえると嬉しいです。


にほんブログ村

  Instagramやってます。

http://yooying.com/neroiro