foto bambini

2015年6生まれの息子の育児と時々カメラ話

節分のお面作り。鬼に泣かされ鬼に笑う。

先日久々に行った子育て支援センターで保育園の節分イベントを見てきました。

 

節分イベントはまず節分にまつわるクイズや歌を歌って楽しく過ごした後、突然と青鬼(に扮した先生)2人がやってきて子供達を驚かすというもの。

当然子供達は恐怖に泣き叫び、普段先生の言うことを聞かないやんちゃな子たちは鬼に差し出される、というかなり見応えのあるものでした。

 

保育園と支援センターはガラス戸で仕切られているので見るのはガラス越しではありますが、怖いもの見たさで息子ぷちおも鬼や泣き叫ぶ子供達のことを夢中で見ていました。

 

 

節分イベント終了後。

保育士さんが「鬼に会ってみますか?」と支援センターにも声をかけてくれたので行ってみると、そこには結構リアルな赤鬼さんと青鬼さんの姿が。

その時点でぷちおは怖がって抱っこでしがみついていましたが、近付いて少しすると慣れたようで青鬼さんとタッチしてました。

 

そこで油断したぷちお。

 

続いて赤鬼さんの方に一歩近づいてみたその瞬間、今まであまり動かなかった赤鬼さんが突然ぷちおに「ゔぉぉおおおお!!!」と声を上げたのです。

その瞬間、当然ぷちおは大号泣。

号泣しながら抱っこで支援センターの部屋へ戻りました。

 

その赤鬼さん、実はいつもお世話になっている支援センターの先生

ぷちおのことも赤ちゃんの時から知っていて、だからこそあえて脅かしてくれたのでした。

 

一瞬大号泣したぷちおでしたが、やはり鬼が気になるようでちょこちょこガラス戸を覗きつつ、その後も楽しく遊んでいました。

保育園に通ってない息子は鬼に会って驚かされる機会なんてなかなかないので、いい経験をさせてもらって嬉しかったです。

赤鬼さんのサービス精神に感謝。

 

 

そして帰宅後。

 

あんなに怖がっていたのに「おに!おに!」「おに!あた(赤)、あお、2!」と何度も言うくらい鬼が気に入った様子。

 

保育園の子供達が牛乳パックで作ったお面を見て自分もやりたくなったらしく、寝る前に突然「ぼちゅ(ぼく)、おに!」とアピールしてきたので急遽家にあるものでお面を作ってみました。

 

余ってたA4サイズの厚紙を適当に切って適当に顔描いてツノ貼っただけ。

ぬりぬりぬり。

 f:id:putioham:20180201235508j:image

後ろは紙と輪ゴムをセロテープで適当にくっつけてお面になるようにしました。

 

そして完成したのがこちら↓

 f:id:putioham:20180201235621j:image

 雑過ぎ!!!

完成してから気付いたけど目の部分に穴あけ忘れました_(:3 」∠)_

しかしもう寝る時間だったので断念。

 

 

そして翌日。

 

1日に何度も鬼のお面をかぶって遊んだりとかなり気に入りの様子。

偶然青い服。食後のお腹ドーン。

f:id:putioham:20180201235731j:image

昨日から「あた(赤)、おに、やって?(作っての意味)」と何度も言っていたので赤鬼さんも作ることに。

 

昨日は目の穴を開け忘れたので、今日は最初にぷちおの目の位置を確認、印をつけて穴を開け、それに合わせて顔を描いていきました。 

ぬりぬり中。またしても寝る前(パジャマ)。

f:id:putioham:20180201235841j:image

そしてちょっとアレンジして、余ってる紐を貼って髪の毛をつけることに。裏面↓

f:id:putioham:20180201235933j:image

しかし、この作業が意外と面倒だった…

一本一本つけるのが面倒で、結局紐をあまり付けずに完成としてしまいました。

 

そして完成したのがこちら↓

 f:id:putioham:20180201235945j:image

髪の毛スッカスカ。

もはや髪の毛とすら呼ばないレベルの仕上がりです。

ま、ぷちおが満足しているので良しとしよう。

 

今までこういった工作的な遊びはほとんどやったことがなかったのですが、ぷちおも嬉しそうだったし私も一緒に楽しめたのでこれからはお家遊びとして色々やっていきたいなと思いました。

 

そんなこんなですっかり鬼が大好きになったぷちお。

ゔぉぉおおおお!!!!

 f:id:putioham:20180201235821j:image

でも「鬼さん呼ぼうか?」と聞くと「んん!」と全力で拒否する辺りが微笑ましいです。


にほんブログ村

チラッ

 f:id:putioham:20180202000051j:image

www.instagram.com