foto bambini

2015年6生まれの息子の育児と時々カメラ話

【はてな読書会】第二回課題図書『0歳から6歳までは生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!』感想

読書サークル改めはてな読書会】

第一回の活動をあえかさんがまとめてくださってます↓

www.hjerteligvelkommen.com

 

第二回課題図書はマキロさんチョイスの『0歳から6歳までは生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!』です。

 

0歳から6歳までは 生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!

0歳から6歳までは 生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!

 

 

 

子どもの気質タイプ

息子ぷちおが産まれてから色んな赤ちゃんや子供と接する機会がありましたが、みんなそれぞれ気質が全然違うんですよね。当たり前だけど。

 

この本では子供の気質の特徴によって大きく5つに分類していて、その気質タイプ別の育て方が後半に詳しく書いてあります。

 

エンジェルタイプ

愛嬌たっぷりで人気者だけど、のんびり屋

テキストタイプ

知的で優等生だけど、ませていて理屈っぽい

アクティブタイプ

好奇心旺盛で行動派だけど、落ち着きがない

デリケートタイプ

感受性豊かでやさしいけど、引っ込み思案

ネガティブタイプ

粘り強く努力家だけど、こだわりが強い

 

生まれたばかりの赤ちゃんでも、泣き方や体の動き方を見ただけで、気質の違いがわかります。(略)

それによって実際に問題行動が起きたときも、慌てず、スムーズに対処できるでしょう。

 

我が子がどのタイプに属するのか、さっそくチェックしてみました。

 

 

気質タイプチェックリスト

もっとも多く✔︎の入ったところがお子さんのタイプです。

 

赤ちゃんの場合→今わかるところだけ✔︎

少し大きい子の場合→赤ちゃんの頃どうだったか思い出しながら

 

いくつかのタイプに分散して✔︎がついた場合は、もっとも多く印のついたタイプが強く出ている気質、その他は部分的に持ち合わせているという感じだそうな。

 

簡単なので是非やってみてください。

 

エンジェルタイプ

  • 赤ちゃんのときは、1日中でも寝ていることがある
  • 起きているときは機嫌がよく、オムツがぬれていても泣かないことがある
  • いつも笑顔で愛嬌があり、人見知りをしない
  • のんびり屋で、ぼーっとしていることが多い
  • 返事だけは「はーい」と元気がいいが、言われたことをすぐに忘れる
  • いろいろと目移りし、一つのことに集中できない
  • 運動が苦手で、左右を間違えることがある

 

テキストタイプ

  • オムツを替えたり、おっぱいをあげると、すぐに泣きやむ
  • ささいなことでも、パッと反応して目で追う
  • 視界に入ったものを指差して、お母さんの注意を引くことが多い
  • 教えたことをすぐに理解して、覚えるのが早い
  • お母さんの言うことを何でもよく聞く
  • おしゃべり好きで、口が立って生意気
  • 言い訳や嘘、告げ口することが多い

 

アクティブタイプ

  • 泣き声が人一倍大きい
  • お友達を押したり、叩いたりすることがある
  • お腹がいっぱいになっても、おっぱいを離さない
  • 周りから「落ち着きがないね」と注意される
  • すぐにお母さんに甘えてくる
  • 高いところに登ったり、何でも触りたがって目が離せない
  • 叱られても聞いていないと感じることがある

 

デリケートタイプ

  • ちょっとした物音や刺激に反応し、子猫のようにか細い声で泣く
  • 常にビクビクして、おびえているように見える
  • 静かで落ち着いた環境でなければ眠れない
  • 包み込むように抱きしめてあげると、落ち着いて泣きやむ
  • はじめての場所になかなか慣れず、保育園や幼稚園に通えない
  • お友達におもちゃをとられても返してと言えない
  • 友達の輪に入れない

 

ネガティブタイプ

  • 哺乳瓶や粉ミルクを嫌がる
  • 不満を訴えるように、のけぞって泣く
  • 人見知りが激しく、お父さんに抱っこされるのすら嫌がることがある
  • いったん泣き出すと、1時間でも泣き続ける
  • 何をしても「イヤ、イヤ!」ばかり言って手がつけられない
  • 不快感ばかり主張して、あまり笑顔を見せない
  • こだわりが強く、気に入ったおもちゃやタオルを離さない

 

息子ぷちおの場合

ぷちおの場合

エンジェルタイプ→1つ

  • 色々と目移りし、1つのことに集中できない

それゆえ「これが好き!」というおもちゃもなく、一人遊びが未だに苦手。

 

テキストタイプ→1つ

  • 視界に入ったものを指差して、お母さんの注意を引くことが多い

「見て見てママー!」がもはや口癖。

 

アクティブタイプ→2つ

  • お友達を押したり、叩いたりすることがある

自分からは手を出さないけど、ちょっとでも叩かれたり押されたりすると倍返しするのが最近の悩み。

  • すぐにお母さんに甘えてくる

「ママちゅーして?」がもはや口癖。

 

デリケートタイプ→1つ

  • 友達の輪に入れない

人が遊んでいる場所に行きたがらない、誰かと一緒に遊ぶより一人で(ママと)好きなことをして遊びたい様子。

 

ネガティブタイプ→2つ

  • いったん泣き出すと、1時間でも泣き続ける

懐かしき去年の日々…今思い出してもあれはキツかった。

  • 何をしても「イヤ、イヤ!」ばかり言って手がつけられない

多少落ち着いたけど現在進行形。夕飯の材料見ただけで「これ食べない!」と言われるとめちゃくちゃ腹立ちます。

 

 

チェックリストの結果、アクティブタイプネガティブタイプが同じく2つ、それ以外は1つずつ当てはまりました。

 

なんだか平均的というか、なんというか。

ぷちおの場合、アクティブタイプとネガティブタイプが同じくらいということみたいですね。

 

ちなみにこの気質チェックリストは大人バージョンもあり、お母さんと子供の気質の相性なども分かるようになっています。

私はアクティブタイプだったのですが、気質の相性でいうと

 

(親)アクティブ×(子)アクティブ=◎

(親)アクティブ×(子)ネガティブ=△

 

でした。

確かに、どうしようもないくらい子育てに悩んだ時期もありますが、育てやすいなと思う時もあります。

それはその時々の気質の相性によるものも関係していたのかもしれません。

 

1番悩んでいた2歳前の時期にこの本に出会いたかった!!!

 

 

更に詳しい気質タイプ別の説明、特徴を読んでみて…

今回、他タイプはサラッと流し読みし、ぷちおにより当てはまったアクティブタイプとネガティブタイプの2つの気質をしっかりと読んでみました。

 

特に印象に残ったのがアクティブタイプの3歳のページ。

幼稚園で叱られたときは、家では叱らない』と書いてあり、これが少し衝撃でした。

 

例えば幼稚園で先生から「ぷちおくんがお友達を叩いてしまった」と言われたら、ぷちお本人から叩いてしまった理由や経緯を聞いて、明らかにぷちおが悪ければ叱るというか注意していると思います。

 

しかしこの本には

何度も叱られると、自己肯定感が下がってしまいます。

 

幼稚園の先生から「家でもよく言い聞かせてください」と言われるようなことがあっても、もうすでに一度叱られているのですから、お母さんは子供を再び叱る必要はありません。

むしろ、幼稚園で叱られた日には、一緒にお風呂に入ってぎゅっと抱きしめてあげたり、子どもが安心できるように「大好きよ」などの言葉をかけながら、スキンシップをしてあげてください。

そして「お友達を叩いてはいけないよ」とやさしく悟してください。

 

と書いてありました。

これは、ほかの子より叱られることが多いアクティブタイプに合った対処法ということですね。

ほかの子より叱られることが多くても、お母さんの愛情を感じて自己肯定感がはぐくまれますから、健やかに育つでしょう。

 

な、なるほど…

私は細かいことで叱り過ぎてしまうことがあるので、この点は本当に気をつけようと思いました。

幼稚園に入る前に読んでよかった…

 

 

このように、この本では詳しいタイプ別説明の中で『全般』『0歳』『0〜1歳』『2歳』『3歳』『4〜6歳』など、更に詳しく年齢別の特徴、トラブル時の対処法などが書いてあります。

 

なので一度読んで終わりではなく、その時々で読み直し出来るので長く使える内容です。

本書の中でも

成長の過程では、途中でタイプが変化することもあります。チェックリストを見直し、そのタイミングで現れている気質に合わせた対応をするようにしてください。

と書いてありました。

 

子育て中はその時々で悩みが変わってくるので、こうして色んな対処法が載っているのはすごくありがたい。

また、気質タイプの違う兄弟(姉妹)でもこの本1冊あればOK。

知りたい時に知りたい部分だけパパッと読み返せるところもいいです。

 

そしてなにより

 

この本、めちゃくちゃ読みやすいです。

 

挿絵が多くてわかりやすいし、内容も特に難しいことはなく、本当にサラッと読める感じ。

実際私はぷちおを預けて行った病院の待ち時間内で全部読めました。

そのくらい読みやすいし、なんならチェックリストだけやって当てはまるところだけ読むのでもいいし。

 

育児忙しいお母さんやお父さんにも読めるように工夫されてるなあと思いました。優しい本。

 

 

こんな人にオススメ

  • 育児で悩んでいるけどじっくり育児書を読むような時間はない
  • 読書が苦手
  • 知りたい部分だけ読みたい
  • 子供の気質タイプを知りたい
  • 簡単で分かりやすい育児本が欲しい

 

私は育児本?を読んだことがほとんどなく、育児の悩みはその都度ネットで検索していました。

けれどネットって似たような情報があり過ぎて、本当に自分の知りたいことにたどり着くまでが結構大変だったりするんですよね。

 

この本のように1冊持っているだけで『気質タイプ別』『年齢別』でサッと悩みを調べられる&対処法を知れる、というのがすごくお手軽で良かったです。

読みやすいので夫にも「ここだけでいいから読んでおいて」と気軽に勧められました。

 

長く使える本なので、成長と共に変わっていくぷちおとその時々の悩みをこの本片手に乗り切りたいと思います。

 

読書サークルについてはこちら↓

www.hjerteligvelkommen.com

最後までご覧いただきありがとうございます。応援クリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村