foto bambini

2015年6生まれの息子の育児と時々カメラ話

親子でインフルエンザ

前回の記事更新後。

数日してやっと息子ぷちおの熱が下がったかと思ったら今度は私が発熱しました

検査結果はインフルエンザb型(ぷちおと同じ)。

 

ですよね!orz

 f:id:putioham:20180221204347j:image

おしり。

 

たまたま私の発熱後3日目に夫が仕事の休みを取ってくれていたので丸一日実家で療養しましたが、その日の記憶がほぼありません。

それもそのはず。

熱を測れば39〜40.2℃の高熱で『眠る』というよりは『気を失う』ような感覚で、トイレ以外は一日中布団から出ることも出来ずにひたすら眠って過ごしました。

まさか三日間も高熱が続くとは…インフルエンザ甘くみてたわ……

 

私の発熱時にぷちおは超元気だったのでそれがまた大変でしたが、義実家で毎日数時間ぷちおを預かってもらえたのでなんとか乗り切れました。

色々協力してくれた義両親に感謝。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

親子でインフルエンザにかかって引きこもっていた2週間は、産後5本の指に入るくらい心身ともに大変な日々でした。

 

日中、ぷちおは突発以来の究極のぐずりを発揮し、就寝後も咳をする度に起きてしまい懐かしの超頻繁夜泣き(15分〜2時間毎の夜泣き)が昼寝夜寝問わず発動。(昼寝は抱っこ)

ウイルスがいなくなるまでは外へ出ることも出来ず、お互いのストレスは募るばかり。

もう1日が長くて辛くて永遠のように思えました。

ちゃんと眠れることがこんなに幸せなことだったとは…

f:id:putioham:20180221165009j:image

 

それもこれもインフルエンザがいけないんだ!!

そしてインフルエンザを甘く見ていた私がいけないんだ!!!

(私がかかるのも10年振りで、「インフルエンザも風邪に毛が生えた程度だろう」くらいの感覚でいました。大間違い。)

今回の失敗から、来年は親子で予防接種を受けることを固く決意したのでした。

 

しばらくお外で遊べなかった分、今週は毎日公園へ行って遊んでいます。

公園へ行くまでは面倒だけど、行ってしまえばぷちおだけでなく私も楽しくて、家にいるよりずっと笑顔で過ごせることが分かりました。

時間に余裕はなくなって料理はいつも以上に適当だけど、楽しく過ごせるのが何よりです。

 

ということで昨日作ったカレーは明日も出す予定です。

カレーは3日間食べる、そういうものだ。

手抜き料理でも文句を言わずに食べてくれる夫と息子に感謝しつつ、しばらくは外遊びを思いっきり楽しみたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。応援クリックもらえると嬉しいです。

にほんブログ

完全回復したぷちお、お得意の変顔。歯茎の主張がすごい。

f:id:putioham:20180221204313j:image

最近食事中に何度も「おいしーねー」と言ってくれるので作り甲斐があります(手抜きだけど)。

f:id:putioham:20180221204628j:image

www.instagram.com

 

 

2歳8ヶ月になりました。トイトレに興味津々、しかし母は…

息子ぷちお、昨日で2歳8ヶ月になりました。

そんな昨日は昼から熱が出ていたので安静にして様子を見ていましたが、夜中も辛そうだったので今朝病院へ。

検査の結果、インフルエンザB型でした_(:3 」∠)_

自宅安静中。

 f:id:putioham:20180210215855j:image

よく電車乗ったり児童館などの公共の遊び場で遊んでいるので心当たりがありすぎる…

しばらく自宅で静かに過ごします。

 

 

おしゃべり急成長

この1ヶ月で別人か!ってくらい急におしゃべりが上達したぷちお。

特に「ママ、来てー」「パパ、やってー」など、「〜して」系の言葉がすごく増えたので、以前のように「ん!ん!ん!ん!」と言われるより気持ちが楽になりました。

現在言える「〜して」言葉↓

  • みて
  • きて
  • やって
  • とって
  • つけて
  • だっこして
  • よんで
  • あけて
  • きって
  • かして
  • 立って

いやあ、増えたなあ!

 

まだまだ「ぼちゅ(ぼく)、とと(ここ)、たってってー(立ってる)」など、私の通訳なしでは厳しい部分も多いですがそこがまた可愛いです(親バカ)。

私の最近のお気に入りは「しょーしゃーしゃ(消防車)」と「ぱんちゅん(パンツ)」

トイトレの絵本見ながら「ぱんちゅん!ぱんちゅん!」言ってる姿が微笑ましいです。

 

 

 トイトレに興味深々。でも…

先月の記事でトイトレ始めました!的なこと書いたんですが↓

putioham.hatenablog.com

 

実はあれ以来、一度も成功していません。

というか、3日目以降便座に座らせてません。完全なる三日坊主です、私が。

 

理由はまだ寒いからとか面倒だからとか面倒だからとか_(:3 」∠)_

いつも拝見しているchicoさんのトイトレ記事を読んで気付いたんですが、

 

chiconomainichi.hatenablog.com

 

うちのトイレ寒すぎる。

chicoさん宅、トイレに暖房あるとか素敵すぎ!ピノ助くんは幸せ者だなあ。

 

うちの場合、トイレに1時間座らせたら寒過ぎて確実に風邪ひきますわ…

そもそも5分座らせるのも可哀想なくらい本気で寒いです我が家。

 

結局座らせても寒そうなのですぐおろしちゃうし、そうなるとなかなか成功も出来ないし、そもそも私の重い腰が上がらないのでやはりトイトレはもう少し暖かくなってから短期集中で頑張りたいと思います。

 

そんなやる気0の母をよそに、ぷちおはトイトレに興味津々。

オムツ替えの時はかならず「ぱんちゅん、ほん!」と言ってトイレ本を読んでいるし、なんなら普通に絵本としても読まされます。

以前co-opで買った男の子用のトイレ本。

意外と知らない事が多くてちょっと驚きました。

おとこのこトイレ (単行本)

おとこのこトイレ (単行本)

 

 この本が気に入り過ぎて、海老反りの男の子がかぶっている「エビの帽子が欲しい」と毎日毎日何度も何度も言われたので、100均で色画用紙とゴムを買ってきて作りました。

 

欲しいと言われたのはこれ↓

 f:id:putioham:20180210215950j:image

実際に作ったエビ帽子↓

 f:id:putioham:20180210215959j:image

なんか…いや、だいぶ違う。

f:id:putioham:20180210220035j:image

遊び方も思ってたのと違うけどまあいいや。

 

 

突然、ぬりえ大好きになる

半年以上前からぬりえのノートは持っていたのですが、これまで全く興味を持たなかったぷちお。

ちょっと開いてもペラペラめくって終わり、という感じでした。

 

ところがここにきて突然ぬりえに目覚めたようで、今では日に何度もぬりぬりしてます。

冷えピタしながらぬりぬり。

 f:id:putioham:20180210220055j:image

ぬりえやお絵かきノート、シール類はいつも100均(セリア、ダイソー)で買っているんですが、普通に『トーマス』とか『いないいないばぁ』が売られていて驚きました。

 

特にダイソーのぬりえの種類が多くて、中にはぬりえの他にシールが付いていたり、こんな風におまけページが付いているものありました。

↓切り取って遊べるようになっているらしい。

 f:id:putioham:20180210220146j:image

自分が子供の頃のぬりえはただのぬりえだったのになあ。

最近の100円均一はほんとにすごいですね。

 ペンはセリアのクーピー?を使っています。

削らなくていいし、手が汚れないし、もし折れてもどこからでも描けるのですき。

 

ぷちおの一番お気に入りの色は『黒』。

いろんな色がある中で、なぜかクロ。基本くろ。

f:id:putioham:20180210220210j:image

ぬりえでもお絵かきでもまず私に描かせて、それを黒で上から塗りつぶすのが好きみたいです。

ママやってと言われたので塗ったら一瞬で塗りつぶされました。

 f:id:putioham:20180210220223j:image

 

 

パパlove度UP

以前からパパ大好きでしたが、大好きなはずなのに何故かパパにだけ「○○ダメ!」が多かったぷちお。

しかしそれも段々と落ち着いてきて、最近はパパが帰って来ないと寂しがるようになりました。

先週3人で公園へ行った時。

 f:id:putioham:20180210220331j:image

一時期は何をするにもママじゃなきゃダメ!だったので大変でしたが、今は夫がいる時は2人でお風呂に入ってくれたりするのですごくありがたいです。

これで寝かしつけもパパで出来れば言うことなしなんですが、これに関しては当分先になりそうです。

夫で寝たこと未だゼロ。もう諦めてます。

 

 

年パス&習い事を検討中

私達の住んでいる地域は満4歳の年から幼稚園に入れるので、ぷちおが幼稚園に入るまでまだ一年以上あります。

近場の幼稚園はプレも少なく(プレ自体なかったり、あっても月2の1回1時間など)、うちはプレなしの園へ行く予定なので幼稚園へ通うのはまだ先のお話。

 

幼稚園前に集団生活に慣れさせたいなーと、週1程度の習い事をなんとなく検討中です。

近場で通えそうなのが

  • サッカー
  • 水泳
  • 体操(保育付き)

なんですが、体操教室は週2日、1回2時間半(保育含む、親見学しなくてOK)で月1万円以下なので最有力候補でした。

なかでも保育付きというのに惹かれていて、保育士さんと一緒にみんなで何か作ったり遊んだりもするみたいです。

特に体操に興味がある訳ではないですが、保育も付いてるなら色んな経験が出来そうだなーと。

 

とりあえず見学の予約を…と思ったのもつかの間、HPにまさかの『1歳10ヶ月〜OK!(オムツが外れてから)の文字が。

オムツが外れてから…オムツが外れてから…オムツが……

 

サッカーはぷちおの性格的に合わなそうだし、とりあえず今度水泳の見学でも行ってこようかと思います。

それかオムツが外れたら体操教室入ろう。

 

 

あと、これは後日別記事にしようと思っているのですが、現在どこかしらの年パスも検討中です。

 

幼稚園始まったら土日しか行けなくなるし、年パス買うなら平日に行ける今のうちかなーと。

1歳時にサンシャイン水族館の年パスを持っていましたが、やっぱり年パスがあるのとないのではお出かけのハードルの高さが全然違いました。

今はもっと楽しめるだろうし、4月までにはどこかしらの年パスを買おうと思います。

今のところ上野動物園が最有力候補。

 

 

 メンタル回復の兆し?色々やる気が出てきた

f:id:putioham:20180210221346j:image

これは私事ですが、以前より少しメンタル回復してきたかな?と思えるようになりました。

というのも、ここ1週間くらいは家事やブログや趣味など色々やる気が出てきているんです。

気持ちが沈んでいる時は何に対しても意欲がなくなるのですが、今はその逆で割と何にでも意欲的な気がします。

 

今特にやる気があるのが部屋の片付け(掃除ではなく片付け)。

うちはもともとすごーく狭くて古いので全くやる気が出ず、早々に諦めていた部分でした。

このアパートは義祖父が建てたもので、設計時にケチった(義父談)からとんでもなく雑な造りなのです。玄関のドアに覗き穴ないし。

実家マンションの私の部屋より今の家のリビングの方が狭いという絶望。

 

しかし、このままではいかん!

ぷちおにお友達が出来ても今の部屋じゃ呼べない!呼んでるけど。

人を招けるような部屋にしなくては!

元がダメでもなんとか頑張るしかない!!

と、何故か急にやる気スイッチON

まずは自分の洋服や収納ボックスから断捨離始めました。

 

これを機に「安いから」とよく考えもせず購入したジョイントマットも総取っ替えしたい…

それ以前に夫の煙草で黄ばみまくってるカーテン買い替えたい…

テーブルもいい加減小さすぎるから新しいの欲しい…

 

課題は山積みですが、やる気のあるうちにガツンと片付けようと思います。

もう開き直って『こんな家はいやだ!我が家のありえない造り特集』でも書こうかな。

 

 とりあえず今年度中を目標に色々片付けていきたいと思います。

まずはぷちおが早く良くなりますように。

インフルエンザはまだ流行っているようなので皆様もお気を付けください。

最後までご覧いただきありがとうございます。応援クリックもらえると嬉しいです。

にほんブログ村

f:id:putioham:20180210220850j:image

www.instagram.com 

《長文》母になってから自分を変えたくて読んだ三冊の本と、読み終わってから気付いたこと

以前チラッと書きましたが、

putioham.hatenablog.com

 

最近amazonで本を購入しました。買ったのはこちらの三冊。

  • 愛着障害 子供時代を引きずる人々
  • 子は親を救うために「心の病になる」
  • 嫌われる勇気

 

この三冊を選んだ理由

この本の購入を決めた時は、とにかく母親としての自分を変えたいもっと優しいお母さんになりたいと強く思っていました。

息子は2歳半、もう言葉もほとんど理解しているし、私の言動もしっかり見て覚えている。

 

こんな(精神的に)不安定な母親じゃだめだ!とにかく変わらなきゃ!!!と焦っていました。

 f:id:putioham:20180206140234j:image

そもそも、私がこんなに豆腐メンタルなのはどうしてだろう?

20代前半の4年ほど摂食障害(過食嘔吐)だったのは、過去に何かしらのトラウマがあったからではないか?

その原因(トラウマ?)を知り、それを克服すれば今の不安定な精神状態も改善するのではないか…?

 

今の私がダメな原因は過去にあるかもしれない、それが分かれば今も良くなるかもという理由から、過去のトラウマについてや治療の流れが書いてあったり、自己啓発系ということでこの三冊を選びました。

 

 

一冊目、『愛着障害 子供時代を引きずる人々』

 

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

 

 

この本は、私自身が『子供時代の親子関係の何らかが原因で人の顔色を気にしてしまい、気疲れしやすい性格が形成されたのではないか』と思ったところから辿り着きました。

レビューを読んで、自分の『(この本でいう)愛着スタイル』が分かればその改善策も分かるのではないか、と。

 

実際に自分の『愛着スタイル』を見分ける『成人愛着検査(自己診断用)』のページが設けられており、

  1. 自律型
  2. 愛着軽視型
  3. とらわれ型
  4. (分類不能型)
  5. (未解決型)

のタイプのどれに当てはまるかを判定できます。

 

それと、本の最後に『愛着スタイル診断テスト』があり、45の質問に答えて『安定型』や『回避型』などからなる8つの愛着スタイルのどれに当てはまるかを判定でき、各愛着スタイルの特徴が一覧になっているので分かりやすいです。

 

最初から最後までそのまま全部読むもよし。

まずは自己診断してみて、自分に当てはまるページだけ読んでみるもよし。

 

また、それぞれの『愛着スタイル』の傾向がただ書いてあるだけでなく、歴史上の人物(太宰治アーネスト・ヘミングウェイバラク・オバマなど)を例に挙げて説明しているので想像しやすく、読んでいて面白いです。

 

従来、愛着の問題は、子供の問題、それも特殊で悲惨な家庭環境で育った子供の問題として扱われることが多かった。しかし、近年は、一般の子どもにも当てはまるだけでなく、大人にも広くみられる問題だと考えられるようになっている。

 

また昨今、発達障害ということが盛んに言われ、それが子どもだけでなく、大人にも少なくないことが知られるようになっているが、この発達障害の問題の背景には、実は、かなりの割合で愛着の問題が関係しているのである。実際、愛着障害が、発達障害として診断されているケースも多い。(本文より)

 

この本は

  • 「なんか生きづらい」と感じる
  • 過去の家庭環境に問題があった、又は現在の家庭環境で悩んでいる
  • 性格診断テストが好き
  • 人目を気にしてしまう性格
  • 発達障害などに興味がある

 な人にオススメです。

 

今回この本を読んで「悩み解決!」とはなりませんでしたが、愛着スタイル診断などを交えて読み進めることで自分だけではわからなかった自分が少し見えてきました。

(超個人的な感想としては買うほどじゃないけど気になるなら図書館で借りてみてもいいかなくらいの立ち位置かも)

 

あまり時間のない方は他は飛ばして『愛着スタイル診断テスト』と『その傾向』だけ読んでも充分楽しめると思います。

 

 

二冊目、『子は親を救うために「心の病」になる

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)

この本の著者は元々精神科医の現役カウンセラーの先生。

本の内容も章ごとのテーマに沿った先生と相談者とカウンセリングの様子(会話)や内容が詳しく書いてあり、自分も一緒に『カウンセリングの様子を見守っている感覚』で読めます。

いろんな悩みや問題を抱えた相談者の事例がいくつも書いてあります。

 主に

などの問題を抱えた人(やその家族)のカウンセリング内容が書かれています。

カウンセリングを受けたことがない私は「なるほど、カウンセリングとはこういう感じで、こんな風に解決に至るのか」と想像できました。

 

著者はカウンセラーの教育にも熱心な方だそうで、なるほど確かにエピローグには 「カウンセリングはただ『聞く』という作業」「カウンセリングに『理論』は通用しないということなども書いてあり、カウンセリング自体に興味がある方にもオススメです。

(こちらも買うほどじゃないけど図書館で借りてみてもいいかなという感じ。もし読んでみたい方いたらコメントください。)

 

 

 

 人一倍、人目を気にして生きてきた


突然ですが、私は今までとにかく人目を気にして生きてきました。
高校生の頃のアルバイト時代から、結婚後の妊娠を機に専業主婦になるまで、お店は変われどずっと接客業だったのも影響しているかもしれません。

例えば会話において、『自分が思っていること』より『相手が言って欲しいであろう言葉』を考えて発言してしまう癖があります。
そのおかげで仕事では上手くいきましたが、プライベートでは『自分の心に素直になれないもどかしさ』を抱えて生きてきました。

性格的に自己肯定感がめちゃくちゃ低いので、『そのままの自分では受け入れてもらえないかもしれない』「相手の期待に応えたい』という気持ちが強かったのかもしれません。
冷静に考えれば、誰もそんなこと期待してないのにね。

親になった今、息子と過ごすことで自分を見つめ返す時間が増えて『こんな自分を変えたい!』と思って買った本。
読んだあと考えさせられる事が多くて、それぞれ内容も考え方も違いますがどれも読んでよかったと思います。
そのなかで今の私に一番合っていたのは最後に紹介する『嫌われる勇気』です。

 

 

 

三冊目、『嫌われる勇気』

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

今更かよって感じですが、アドラー心理学の本でとても有名な一冊らしいですね。

自己啓発系の本とは無縁の人生でしたが、amazonでの評価内容を読んで今回購入を決めました。

 

この本は「人は今日からでも幸せになれる」というアドラー心理学を唱える《哲人》と、それに食ってかかる《青年》の会話形式で進んでいきます。

 

《哲人》に対して疑問点やモヤッとしたところを《青年》が全力で突っ込んでくれるので、アドラー心理学超初心者の私でも簡単に読み進めていくことができました。

そして《哲人》の説明はとても丁寧で、例え話なども交えて分かりやすく教えてくれるので読みやすいです。

 

面白いですが、勿論全てに共感出来たわけでもなくて、例えばこちら↓

 

フロイト的な原因論→『心に負った傷(トラウマ)が、現在の不幸を引き起こしている』と考える。

アドラー的な目的論→『自分の経験(トラウマなど)によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定する』と考える。

 

 私はフロイト的な原因論(現在の自分は過去が創り出しているという考え)にも共感しているので、原因論を完全否定するアドラー心理学に反発こそないものの色んな考え方があるなあ、という感じでした。

なので「こんな風に考えられたらかっこいいなあ(来世に期待)という感じで軽く読み進めていきました。

 

そんな感じなのでさらっと読むつもりでしたが、本の中盤くらいに『対人関係の悩みを一気に解消する方法というページでお!という文章がありました。

 

哲人:自らの人生について、あなたにできるのは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」、それだけです。

一方で、その選択について他者がどのような評価を下すのか。これは他者の課題であって、あなたにはどうにもできない話です。

 

 いつも人目を気にして生きてきた私からすれば目から鱗でした。

特に心に響いたのは、あなたにはどうにもできないという部分。

 

いくら私が『よく見せよう』と頑張ったところで、それを見た他人がどう思うかなんて私にはどうにもできないことなんだ。

私が何かしたところで『いい』と思う人もいれば『悪い』と思う人もいるし、それは私には関係ないこと(他者の課題)であって、それについて私が思い悩む必要はないんだ、と。

 

それは、他人に良く思われようと(無理して)頑張ってきたことをやめるきっかけになりました。 

 

 

弱い自分を変えるのではなく、このままの自分とうまく付き合っていく

私が小学校6年生の頃、両親が離婚しました。

なぜかいつまで経っても寝付けない夜で、リビングで何やら話し合っている両親の声、暫くして父が部屋に入って来た時に寝たふりをしたこと、リビングへ行くと母と姉が座っていて子供ながらに『嫌な予感』がしたことを今でも鮮明に覚えています。

 

そして父から「お父さんとお母さん、離婚することになったから。」と言われたその瞬間、まず思ったことは『私がいい子じゃなかったからだ…』ということでした。

 

今思えば突然両親が離婚だなんて言われたら普通は「なんで?」とか「やだ!」とか思うだろうに、私の場合は一番最初に原因は自分にあると感じたということは、小6にして既に自己肯定感が低かったんだと思います。なぜかは分からないけど。

 

この辺を掘り下げるにはカウンセリングが有効なんでしょうが、なんせ2歳児育児中の専業主婦。

時間もなければ金もない٩( ᐛ و

カウンセリングってなんであんな高いんですかね…初回のみ時間半分で半額とかにしてくれれば試してみることも出来るのに。

しかも1回3,000円以上なのに通い続けないとだめとかハードル高すぎ!

 

それもあってカウンセリングに行くとかでなく育児の合間に読める本の購入に至った訳ですが、3冊ともそれぞれ違った視点があって面白かったです。ちょっと難しかったけど(笑)

内容は違えど『弱い自分を変えたい!』と思って読んだですが、全て読み終わって改めて考えてみると気付いたことがありました。

 

それは、『弱い自分を変える』方法を探すのではなく、『このままの自分とうまく付き合ってくにはどうすればいいか』を考えるということ。

 f:id:putioham:20180206212612j:image

普段育児系のブログしか読まないのですが、自由ネコさんのこの記事がまさにこれだ!という感じでした。語彙力なくてすみません_(:3 」∠)_

 

gattolibero.hatenablog.com

 普段の全力でふざけてる感じも好きです。

 

私はこれまで30年弱生きてきて、何度もこんな自分嫌だ、変わりたい!と思ったことがありました。

摂食障害もその1つで、変わりたい(痩せたい)けど変われないストレスによってどんどん悪化していくものでした。

とにかく、私の場合は変わりたいと思えば思うほど苦しむ傾向にあるようです。

だって、人ってそんな簡単に変われないから。

 

だからこそ、無理して変わる必要はないということ。

こんな自分を受け入れてくれる人は受けいれてくれるし、受け入れてもらえなかったことを気にする必要もない(それは自分の課題ではない)

私の課題は自分の欠点を知った上でどううまく付き合っていけばいいかを考えていくことだと、やっと分かった気がします。

 

 

母としての今後の課題 

今までは他のお母さんと自分を比べては「どうして自分は怒鳴ったりせず穏やかに子育て出来ないんだほう」「優しいお母さんに育てられた方が息子は幸せなんだろうな」とネガティブな思考に陥っていたのですが、これからは「このネガティブやイライラともうまく付き合っていこう」と決意しました。

 

そういえば若い頃「美人になりたい!」と頑張ってガッツリメイクやカラコンしたり常に10cm超えヒール履いたりロングヘアを毎日欠かさず巻き巻きしていた頃を思い出しました。

今は無理して綺麗になろうとすることを諦めて、手入れの楽な黒髪ショート、ナチュラルメイク、麻素材やタイパンツなどラフだけど一番好きなスタイルで過ごしています。

昔より一般ウケはしないかもしれないけれど、結局無理して背伸びするより自分に合ったやり方で生きていく方が幸せな気がする。

f:id:putioham:20180206151933j:image

今後の課題としては

  • イライラしてしまう時の対処法を色々試して自分に合う方法を見つける
  • 怒鳴ってしまった時の(息子への)アフターケアをよく考える
  • 「人からどう思われるか」より「自分がどうしたいか」を優先する
  • いつまでもイライラを引きずらないように気持ちを切り替える方法を考える
  • 漢方をもう少し飲み続けて様子をみる

 

とりあえずイライラしてしまうなどの根本的な問題は漢方に一旦お任せしておいて、『イライラしてしまった後にどうするか』を考えていこうと思います。

そして昨日より今日、今日より明日、息子とニコニコ過ごせる時間が少ーーしずつでも増えていったらなあと。

勿論息子はとっっっっても可愛いし愛しいので、その気持ちも大切に。

この寝顔がたまらん。

 f:id:putioham:20180206212505j:image

ちょうど昨日更新されたあえかさんのこちらの記事にイライラした時の対処術などが具体的に書いてありました。

www.hjerteligvelkommen.com

タイムアウトなどはこれまでもやってきましたが、他の対処術、体質改善はやったことがないので今後試してみようと思います。

 

個人的には体質改善の3と4の『ストレスを書き出すーストレスログ』と『よかったことを書き出すーハッピーログ』が気になるのでまずはそれらから試してみようと思います。

明日手帳でも買ってこよう。

だらだらとまとまりのない文章となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキング参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村

f:id:putioham:20180206212456j:image

www.instagram.com

 

 

節分のお面作り。鬼に泣かされ鬼に笑う。

先日久々に行った子育て支援センターで保育園の節分イベントを見てきました。

 

節分イベントはまず節分にまつわるクイズや歌を歌って楽しく過ごした後、突然と青鬼(に扮した先生)2人がやってきて子供達を驚かすというもの。

当然子供達は恐怖に泣き叫び、普段先生の言うことを聞かないやんちゃな子たちは鬼に差し出される、というかなり見応えのあるものでした。

 

保育園と支援センターはガラス戸で仕切られているので見るのはガラス越しではありますが、怖いもの見たさで息子ぷちおも鬼や泣き叫ぶ子供達のことを夢中で見ていました。

 

 

節分イベント終了後。

保育士さんが「鬼に会ってみますか?」と支援センターにも声をかけてくれたので行ってみると、そこには結構リアルな赤鬼さんと青鬼さんの姿が。

その時点でぷちおは怖がって抱っこでしがみついていましたが、近付いて少しすると慣れたようで青鬼さんとタッチしてました。

 

そこで油断したぷちお。

 

続いて赤鬼さんの方に一歩近づいてみたその瞬間、今まであまり動かなかった赤鬼さんが突然ぷちおに「ゔぉぉおおおお!!!」と声を上げたのです。

その瞬間、当然ぷちおは大号泣。

号泣しながら抱っこで支援センターの部屋へ戻りました。

 

その赤鬼さん、実はいつもお世話になっている支援センターの先生

ぷちおのことも赤ちゃんの時から知っていて、だからこそあえて脅かしてくれたのでした。

 

一瞬大号泣したぷちおでしたが、やはり鬼が気になるようでちょこちょこガラス戸を覗きつつ、その後も楽しく遊んでいました。

保育園に通ってない息子は鬼に会って驚かされる機会なんてなかなかないので、いい経験をさせてもらって嬉しかったです。

赤鬼さんのサービス精神に感謝。

 

 

そして帰宅後。

 

あんなに怖がっていたのに「おに!おに!」「おに!あた(赤)、あお、2!」と何度も言うくらい鬼が気に入った様子。

 

保育園の子供達が牛乳パックで作ったお面を見て自分もやりたくなったらしく、寝る前に突然「ぼちゅ(ぼく)、おに!」とアピールしてきたので急遽家にあるものでお面を作ってみました。

 

余ってたA4サイズの厚紙を適当に切って適当に顔描いてツノ貼っただけ。

ぬりぬりぬり。

 f:id:putioham:20180201235508j:image

後ろは紙と輪ゴムをセロテープで適当にくっつけてお面になるようにしました。

 

そして完成したのがこちら↓

 f:id:putioham:20180201235621j:image

 雑過ぎ!!!

完成してから気付いたけど目の部分に穴あけ忘れました_(:3 」∠)_

しかしもう寝る時間だったので断念。

 

 

そして翌日。

 

1日に何度も鬼のお面をかぶって遊んだりとかなり気に入りの様子。

偶然青い服。食後のお腹ドーン。

f:id:putioham:20180201235731j:image

昨日から「あた(赤)、おに、やって?(作っての意味)」と何度も言っていたので赤鬼さんも作ることに。

 

昨日は目の穴を開け忘れたので、今日は最初にぷちおの目の位置を確認、印をつけて穴を開け、それに合わせて顔を描いていきました。 

ぬりぬり中。またしても寝る前(パジャマ)。

f:id:putioham:20180201235841j:image

そしてちょっとアレンジして、余ってる紐を貼って髪の毛をつけることに。裏面↓

f:id:putioham:20180201235933j:image

しかし、この作業が意外と面倒だった…

一本一本つけるのが面倒で、結局紐をあまり付けずに完成としてしまいました。

 

そして完成したのがこちら↓

 f:id:putioham:20180201235945j:image

髪の毛スッカスカ。

もはや髪の毛とすら呼ばないレベルの仕上がりです。

ま、ぷちおが満足しているので良しとしよう。

 

今までこういった工作的な遊びはほとんどやったことがなかったのですが、ぷちおも嬉しそうだったし私も一緒に楽しめたのでこれからはお家遊びとして色々やっていきたいなと思いました。

 

そんなこんなですっかり鬼が大好きになったぷちお。

ゔぉぉおおおお!!!!

 f:id:putioham:20180201235821j:image

でも「鬼さん呼ぼうか?」と聞くと「んん!」と全力で拒否する辺りが微笑ましいです。


にほんブログ村

チラッ

 f:id:putioham:20180202000051j:image

www.instagram.com

 

はじめての雪遊び、写真記録(2歳7ヶ月)

先週は関東でも珍しく大雪でしたね。

去年も少し降ったので息子ぷちおは雪初体験ではないのですが、全く覚えてない様子そりゃそうだ。

外遊び大好き自然大好きなぷちおは初雪が相当嬉しかったようで夢中で遊んでいました。

 

まずは初日(降った日)。

f:id:putioham:20180127145558j:image

 アパートの屋上で雪遊び。

遊んでいる最中もどんどん雪は降り積もっていて、屋上から見る辺り一面の雪景色はとても新鮮でした。

 

早速雪だるま作り。

f:id:putioham:20180127145920j:image

雪だるまの帽子にしようと紙コップを黒ペンで塗ったのですが、まさかの水性ペンだったようで手と雪が暗くなりました_(:3 」∠)_

 

雪だるまに雪かけてます↓

f:id:putioham:20180127150152j:image

そうして出来たのがこちらの雪だるま二体。

f:id:putioham:20180127150300j:image

右が私作、左が夫作なのですが、不慣れな人間が雑に作った事が一目で分かる出来となりました。

 

この日は何を間違えたか手袋ナシで遊んだので早々に帰宅。

短い時間でしたが雪が降っている中で遊べてよかったです。

 

 

 

そして翌日。

 

昨日のお天気がウソみたいにピッカピカの晴れ模様!

そして一面雪景色にウッキウキの息子。

f:id:putioham:20180127151059j:image

お気に入りのライオンの帽子(首元はマフラー仕様)をかぶってハイテンションで遊んでいました。

よいしょっよいしょっ

f:id:putioham:20180127151104j:image

よいしょっよいしょっ

f:id:putioham:20180127151132j:image

できたーーー!!!

 f:id:putioham:20180127151145j:image

↑この後盛大に雪かけられました(笑)

 

 

雪遊びしているうちに暑くなってきたのか途中からライオン帽子も手袋も外して本気モード。

夢中で雪を掘り掘りしていました。

f:id:putioham:20180129144400j:image 

夢中で掘っていると思って近づいたら突然雪をかけてくる2歳児。

f:id:putioham:20180129144525j:image 

おかげでカメラと母は雪まみれだよ!

 

 

楽しく雪遊びしている時にふと気付いたのですが、駐車場、雪かきしないと夫の車停められないんじゃ…?

(夫は昨晩から車で会社へ行っていたので雪が積もっていました)

f:id:putioham:20180130140913j:image

↑集中している時になぜか尖る唇。

 

下に住む義両親にスコップあるか聞いたところ、スコップはないけどチリトリ(小)GET★(うちにはそれすら無かった)

カメラは撤収、チリトリ(小)とぷちおを連れて駐車場へ場所を移し、そこから更に1時間くらい雪遊びしていました。

 

予想通りガッツリ積もっていたので私は雪かき。

 f:id:putioham:20180129145547j:image

↑場所は違いますがこんな感じでした。

 

ぷちおがいい子で雪遊びしていてくれたおかげでなんとか雪かき終了。

f:id:putioham:20180129145714j:image

周りの人達がスコップで雪かきしているなか、チリトリで一人戦った自分を褒めてあげたい。

 

 

この日は結局2時間近く雪遊びを楽しみました。

帰宅後はお風呂で足湯もどきをして冷えた足先を温め、ミルク多めのホットココアを飲んでしっかり温まりました。

f:id:putioham:20180130135531j:image

初めてのココアに夢中。

 

1週間経った今でも家の周りにはまだ雪が残っており、ぷちおの長靴生活はまだまだ続きそうです。

天気予報によれば私達の住んでいる地域は今週も雪が降りそうなので今のうちにスコップを買っておくべきかどうか悩みます…でも基本的に雪降らない地域なんだよなあ。

 

来年も今年のように積もるほど降るとは限らないので、また降ったら親子で全力で雪を楽しみたいと思います。

ご覧いただきありがとうございます。応援クリックもらえると嬉しいです。

f:id:putioham:20180130143546j:image
にほんブログ

f:id:putioham:20180130141557j:image

www.instagram.com

www.instagram.co 

 

 

《夫婦》一緒に居ない方がうまくいくこともある

夫と結婚してもうすぐ4年目。

付き合って7ヶ月(出会って1年ちょっと)でのスピード結婚、入籍から半年程で息子を妊娠したので、夫婦2人きりの時間をあまり過ごすことなくここまで来ました。

f:id:putioham:20180127231350j:image 

自分で言うのもなんですが、夫婦&家族関係は良好だと思います。

それは酒もギャンブルも友達付き合いも(笑)やらず、仕事は超真面目、とっても家族思いな夫のおかげです。

外では超絶無口だけど家ではアホな小学生男子みたいな夫が好きです。

 

ですが。

 

『好きだから』『いい夫だから』必ず家族がうまくいくというわけではありません。特に息子がいると…

 

 

夫がいると『超我儘』『超頻繁癇癪』『超イヤイヤ』『超こだわり強』息子に大変身

以前も『息子は私+第三者(家族や友人)になるとめちゃくちゃ大変になる』ということを書いたのですが、夫がたまたま早く帰宅なんかすると急に息子の我儘スイッチ発動するようです。

お正月で珍しく朝から家族3人揃った日なんかはすごーーーく大変でした_(:3 」∠)_

 

具体的に言うと

  • 『電気を消す』程度の些細なことでも『誰がやる』かこだわり、違う人がやると大泣き(やり直すまで泣いてる)
  • 夫に対する『ダメ』が多過ぎる(ソファに座っちゃダメ、ブランケット使っちゃダメ、一緒にTV見ちゃダメ、ママじゃなきゃダメ、来ちゃダメ、など)
  • 逆に夫に執拗に抱っこ攻撃(抱っこしてー!と無限に言い続ける、下ろした瞬間また無限に言い出す)
  • 着替えやオムツ替え、歯みがきなどの拒否がいつもの10倍
  • 普段ならやらないような悪いことをわざとやりだす(本を投げる、夫の顔を叩く、などなど)

 

挙げていったらキリがないのですがとにかくイヤイヤと癇癪が強くなり、わざと悪いことをしたりするので、家族3人揃うと自然と叱られる回数も増えてしまいます。

 f:id:putioham:20180128001553j:image

この日は仲良く雪遊び。

 

全力で頑張りたい夫と、ほどほどでやって欲しい私

夫の仕事の休みは週に1度(月2半休)。

私達が起きる前に出社し、平均帰宅時間は20時前後です。

息子が起きてる時間に帰ってくるのは3,4日に1度くらいなので、なかなか息子と過ごせません。

なので一緒に居る時は全力で関わろうとしてくれているみたいです。

そしてそれは遊びだけではなく躾に関しても同じようで…

 

夫は昔の男って感じの良くも悪くも男らしいタイプなので、基本的には甘々なんですが、怒るときはガツン!とカミナリが落ちます。

怒ること自体少ないし勿論手は出しませんが、ガツンと怒るときは大声で怒ります。

息子は家族3人揃うと何故かめちゃくちゃ我儘&癇癪炸裂になるので、

 

家族3人揃う→我儘息子に変身→夫ガツンと怒る→息子大号泣→ママしかダメ!に拍車がかかる(私の負担が増えまくる)

 

という悪循環が。

 

しかも夫の叱る場面というのが私からすると「そこでそんなに怒らなくてもいいじゃん…」みたいな事が多いのでモヤモヤ。

「言うこと聞きなさい!」と言う叱り文句にも「それじゃ伝わらないんじゃ…」とモヤモヤ。

 

ちゃんと躾てくれるのはいい父親だと思うのですが、結局私が大泣きパニックの息子をなだめなければ終わらないので、内心「夫は怒らないでくれればいいのに」と思っていました。

私がモヤモヤしているといつことは、夫も別なところで私に相当モヤモヤしていると思います。お互いですね。

 

 

夫婦の価値観が違い過ぎる

そもそも夫と私の性格(考え方)が違い過ぎる、というかほぼ真逆なのがお互いモヤっとする原因なのは分かっています。

相手の普通が(自分には)普通じゃなさ過ぎて、今では大事なことでなければお互い適度に理解を放棄しています(笑)

理解出来ないものは理解出来ないのだから、それはもうそういうものだって付き合っていくのが一番平和な気がする( ´  ` )

 

だって一人暮らしの時にお風呂の浴槽を一度も洗った事がないなんて信じられない…!(夫)

お風呂マットを一度も洗った事がないなんて理解出来ない…!!(夫)

先日義両親宅でその話をしたら義両親達もそんな感じだったのでそういう家庭のようです(゚ω゚)

 

逆に夫からすれば私は「神経質」だそうな。

(台所のシンクで靴洗おうとしてたのを全力で拒否したら言われました。せめて風呂場でやってくれ!)

 

 

普段の生活でさえこんなに違いがあるので、育児に対する考え方の違いは覚悟しておりました。

しかし、育児に関しては意外と大きな意見の食い違いみたいなのはあまりなかったので一安心。

 

それでもちょこちょこズレが出て来るので、その都度息子が寝てから話し合って意見を統一するようにしています。

 

 

私(母)が居る時、ガツンと叱るのは私だけの役目にしてもらった

先ほども書いたように、夫が怒ると結局私が大変になるので夫に「私が居る時は叱る役目は私だけにして欲しい、夫は叱らないで欲しい」と伝えました。

 

最初夫も何故?て感じでしたが、「息子の為ではなく、私の負担を軽減する為だと思って欲しい」と伝えると、あっさりok。

勿論、本当に叱らなければならない場面が来れば別ですが、基本的に叱るのは私の役目ということで落ち着きました。

 

それ以来、夫が怒る→息子が私に泣きつく→なだめなきゃいけない&家事が進まないという悪循環はなくなりました( ´ ▽ ` )

個人的には叱り役は1人でいい、もう1人はフォロー役がベストだと思っているので、夫が苦でない限りはこのやり方でいくことにします。

 

 

寂しいくらいがちょうどいい

普段夫が居ないので家族3人で一緒に過ごす時間はあまりないのですが、久々に約2日間家族で一緒に過ごした時は本当に大変でした。

それは息子のイヤイヤや癇癪だけでなく、育児のやり方の微妙なズレからくるモヤモヤを感じる事が(お互い)多かったのです。

 

私には私の普段やってるやり方があるし、夫には夫のやり方がある。

お互い頭では分かっていても、自分と違うやり方だとつい気になってしまうことが多々ありました。

これが毎日一緒に過ごす時間が長かったり、週休2日とかだったら価値観が違い過ぎる私たち夫婦には厳しいかもしれません。毎日喧嘩しそう(笑)

 

今の暮らしでは「夫がもう少し早く帰って来てくれたらいいのになー」と思ってますが、このちょっと寂しいくらいがちょうどいいのかもしれないな、と最近気付きました。

 

息子がもう少し成長したら私の心の余裕も今よりは増えると思うので、その頃に夫と2人の時間を設けてまた結婚前のように映画や食事など行けたらいいなーなんて想像してます。

 

 

ま、既に夫婦というよりは男同士の友達になってしまっているので、結婚前のあははうふふな感じには戻れないと思いますがね٩( ᐛ )و

 

全然関係ないのですが、私の男性化が止まりません…

ここ1年くらい前下がり的なショートヘアなんですが、先日切り過ぎて夫から「後ろ和田アキ子みたいな髪型だな!笑」と言われました。あんな短くないわ!!!アッコさん好きな方すみません。

 

生理不順(数ヶ月に一度)過ぎて、もう私には女性ホルモン残ってないのかな…なんて半分本気で考えたりします(´-`).。oO

ヒゲ生えてきたらどうしよう…

 

 今年の個人目標に「去年より女性らしくなる」を追加したいと思います。あくまで目標。

f:id:putioham:20180128001853j:image

ご覧いただきありがとうございます。応援クリックもらえると嬉しいです。


にほんブログ村

www.instagram.com

f:id:putioham:20180128001734j:image

イチゴ狩りに行ってきました(2歳7ヶ月)

f:id:putioham:20180122213142j:image

関東、雪すごかったですねえ(゚ω゚)

今日は夫が休みだったので息子を預けて雪の中カメラ抱えて近所ひと回りしてきました。

 f:id:putioham:20180122204320j:image

こんなに積もるのは久々なのでちょっと嬉しい。

 f:id:putioham:20180122204330j:image

息子とも雪遊びしたのでそれはまた後日。

 

しかし喜んでいるのは私と息子だけで、車のチェーンがない夫(配送業で早朝出勤)は念のため夜のうちに会社へ向かい、トラックで前泊するそうです_:(´ཀ`」 ∠):

 

働いているママさんパパさん、明日も足元お気を付けてお仕事頑張ってくださいね…!!

 

 

 

さて本題。

 

先日、自宅から徒歩数分の場所に出来たハウスへイチゴ狩りに息子のお友達親子と行ってきました。

f:id:putioham:20180122094351j:image

息子は人生初イチゴ狩り。

私は最後にイチゴ狩りに行ったのが小学校低学年の時なので約20年振り。

 

9時半受付開始でしたが10時に待ち合わせて行きました。

平日に行って10時の時点で先に居たのは4組ほど。

小さなハウスでしたがタイミング的に私達と入れ替わりくらいだったので、ほぼ貸し切り状態で楽しめました。

 f:id:putioham:20180122171842j:image

 イチゴ大好きな子供達は開始直後から全力で食べる!休む間も無く食べる!!とにかく頬張る!!!

 

スタートダッシュで飛ばし過ぎた結果、10分後にはお腹いっぱいになってました_(:3 」∠)_あと20分あるよ!

 

食べるのに飽きた子供達、今度はヘタを取る&ゴミ箱にヘタを捨てるという楽しみを見つけて黙々とヘタを取っては捨ててました。

そしてヘタの取れたイチゴは渡してくれました。ありがたや。

ヘタ取り職人。

f:id:putioham:20180122180036j:image

これが相当ハマったようで、一枚一枚丁寧にヘタを取るのでその間親はゆっくりイチゴ狩りを楽しむことが出来ました♡

 

イチゴハウスの中は白で統一されていて自然光の反射がすごいのでここでポートレート撮ったら綺麗に撮れそうです(笑)

f:id:putioham:20180122172216j:image

 小さな手に小さなイチゴ↓

f:id:putioham:20180122172302j:image

一緒に行ったお友達親子は息子が0歳の頃に子育て支援センターで仲良くなりました。

一時期しょっちゅう行っていた支援センターですが、今は息子が楽しめない(狭い室内より外で遊びたい)ようなので全く行ってません。

2歳3歳のお子さんをもつママさんって毎日どこで遊んでるんだろう…

 

生まれも1ヶ月違いの同じ男の子ということもあってよく遊んでもらっているのですが、これがまためちゃくちゃケンカするんです。

基本おもちゃの取り合いなんですが、取られては取って、取られては泣いて、泣いては叩き、叩いては叩かれ、また泣いて…

 

お互い0歳から知ってる気心の知れたママさんなので親は笑って見ていられる感じで気は楽なんですが、とにかくケンカばかり!

そんなにケンカしてるのにお互いだいすき♡なのがまた笑えます。子供あるあるなのかな?

 

とにかく昔からケンカばかりの2人。

 

そんな2人が仲良く一緒に座ってただ黙々とイチゴのヘタを取っている様子がシュールで面白く、同時に子供達の成長を感じました。

f:id:putioham:20180122171819j:image

ケンカしないで一緒に座っていられるまでに成長したのね。

 

 昔は誰と遊んでもやらてばかりだった息子ですが、最近は自分から叩こうとしたりいじわる(わざとおもちゃ貸してあげないなど)したりと以前より目が離せません。

 

 ここのところ外出するとすごく気疲れしてしまう事が多かったので、子供達の平和なひと時に心癒された母達なのでした。

 f:id:putioham:20180122205053j:image

親子共にとても楽しめたので、また近いうちにイチゴ狩りに行こう思います。

ご覧いただきありがとうございます。応援クリックもらえると嬉しいです。


にほんブログ村

f:id:putioham:20180124234512j:image

www.instagram.com